Articles

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アロマセラピストからセラピストへ

楽天のプライベートブログに、「年内にこの『愛しい日々』を閉めます」と書いたら、「なぜ閉める必要があるのか?」と悪友共からメールが早速来ました。

プライベートブログに書いた内容はこちら→ をご覧くださいませ^^

簡単に説明すると、“アロマセラピスト”から“セラピスト”になるということなのですが、“アロマセラピスト”であることには変わりありません。

ただ、これからは私の活動の中心となるものがアロマセラピーも含めたヒーリングセラピーになるので、総称として“セラピスト”と言わせていただこうというものです。

今、「ヒーリング」「癒し」について改めて学びなおしています。
一番の師となるものは、自然です。地球です。そして目に見えないけれど私たちにいつもサインを送ってくれている存在です。 

地球や自然からのメッセージを翻訳(?)してくれる、自然と共に暮らしている、わたしの尊敬する人ももちろん師です。
その方の翻訳がなければ、私はまだまだ自分で多くのメッセージを受け取ることができません。

学ぶためには、地球や自然と共に暮らす必要があります。 サインをこのわが身でキャッチするためには、(感性や感受性・感覚などを)通りの良い状態にしておく必要があります。

便利なものに囲まれている今の生活の中で、どこまで自然に沿った暮らしができるのか・・・。合格や不合格がある世界ではありませんので、自身の選択に一任されています。

地球と自然に受け入れられるときがきたとき、私が望む本当のセラピストになれるのかな、とも思っています。

アロマセラピストとして、精油の勉強はもちろん続けていきます。ただ、成分を始めとする化学的根拠だけを取り上げて、アロマセラピーとはいえない世界であることは、アロマセラピストであれば誰でも感じていることだと思います。

植物のもつ力を化学の力のみで証明することは、人間の能力では無理なことだと思っています。人間が解明できる成分は、現在でもほんのごく一部に過ぎないからです。人間はそれだけ自然から遠い存在になってきているからため、教えてもらうことができないのです。

だからといって、研究をすべてやめてもいいとは思っていません。人間が植物の力、自然の恵みを分けていただくという過程において、より安全に、安心して使える状態を見出すことは必要なことではあると思うのです。

ただ、研究上の限界をいち早く知ってほしいという気持ちがないわけではありません。

私が、今ヒーリングを学ぶ上で、一番心に留めておかなくてはいけないのは、(楽天のプライベートブログでも書きましたが)地球上に存在する生き物の中で、一番えらいのは人間ではない、ということです。

ですから人間が自分達の生きるため、生活するためといいながら、人間が地球の主役になってはいけないと思うのです。

自然に生きる動植物は、人間がいなくても生きていけます。退化し絶滅する種類があるかもしれませんが、それは自然の摂理です。

でも人間はどうでしょうか? 自然がなくては、また動植物がいなくては生きていけません。自然の摂理といって人類が滅亡するのを受け入れることができるでしょうか?

とても無理な話ですよね。

なんとか生きようと、自然を破壊しながら、人工的なものを作りあげながら、本当はそれが自分達の首を絞めていることになるのに、それにも気がつかずにどんどん生態系を変えていってしまっている。

今、精油もどんどん製造されています。
精油の輸入量(消費量?)は日本は他の国を抜いてダントツだそうです。

まだまだアロマセラピーが浸透しているとは思えないこの国が一番精油を使っているとはどういうことなのでしょうか?
そこにも不信感と疑問を感じます。

ローズウッドが絶滅の危機にさらされていることは、アロマセラピストであれば皆知っていることです。

どんどん植えればいいじゃない。もっと増やせばいいじゃないと考えている人もいるでしょう。その考え方がすでに人間中心の考え方だと気がついているでしょうか。

私がアロマセラピストとして、続けていっていいのだろうか?と思い始めたのは、このローズウッドの危機を学んだときでした。

せめてこの精油を使うことはやめようと思いました。
植物本来の力で、また命が存続していかない限り、使うべきではないと思っています。

植物達を危機にさらしてまで、人間が精油を使う意味があるのかと、私は思っています。
アロマセラピストとして、当たり前のように使ってきた精油の使い方を、今一度考え直しています。
人間にとってありがたい存在の精油を、植物達の思いを計りながら、試行錯誤を繰り返しながら、使っていこうと思っています。


地球の悲鳴をどれだけの人間が耳にしているでしょうか?
エコ生活を推進する団体はいくつもあるのに、同時に破壊する企業や人間は後を絶ちません。

金銭的な価値観は人それぞれなので、高い受講料や伝授のためのお金を払うか払わないかは個人的見解によると思いますが、私は余分なお金がありませんし、私の望むことが学べると思わないので、一切ヒーリング関係のスクールに行ったり、レイキなどを習う予定はありません。

ただひたすら己の身体と心を持って、自然に沿って生きていくことで、地球と自然、そして宇宙から、必要なことを教えてもらったり力をお借りできる存在になろうと思っています。

すごく大それたこと言っているような文章になってしまいましたが、全然たいしたことはありません。

昔、亡くなった父方の祖母が慎ましくも、心豊かに生活していたあの姿を思い出しながら、私もまた同じように生きていくだけです。

悪友どもの意見を聞いて、このブログは来年の春、新しい志のもの作り上げる予定のHP(あるいはNEWブログ)ができるまで、ぼちぼち続けていくことにしました。

サロンは今まで通り、週に3日オープンのこちらもぼちぼちペースでやっていきます。

境界線のない私の成長ぶりを楽しんでいただけたら、またそれもいいかな・・・などと思っています。

思いつくまま支離滅裂に書きましたが、最後まで読んでくださった方に、心から感謝いたします。

今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

スポンサーサイト

トラックバック一覧

コメント一覧

Re: アロマセラピストからセラピストへ

こんにちは。ブログもうひとつあったんですね。
今頃知りました(__)
pua honeyさんはちゃんと自分を持ってはりますね!
自分の考え通りでいいと思います。
私もいろいろ考えてることがあります。
努力は忘れないようにと心がけています。
エコ、私も自分の出来る範囲で続けていきますね。

  • 2007/09/21
  • ふうママ ◆ 9WphV9H6
  • [ URL ]
  • [ 編集 ]
ふうママさん♪

こんにちは~^^

ふうママさん♪ありがとうございます!
すごく心強いお言葉です。。。

できる範囲で良いと思うんですよね。
私もそう思います。無理したら続かないし。
でもブログに書いた思いは、思いつきでもなく自分の感情に浸っているわけでもなく、人間として必要なことだと思っています。

私の言わんとすることをわかっていただけただけでもうれしいです^^

  • 2007/09/21
  • pua honey ◆ -
  • [ URL ]
  • [ 編集 ]
コメント投稿フォーム

管理者にだけ表示を許可する

Navigations, etc.

Navigations

ケアルーム 

リハビリエクササイズ「BODY BASE(ボディーバーズ)」 乳がん手術後の傷の回復を早め、心身の治癒を高める“リハビリエクササイズ”のDVDです
リンパ浮腫の予防のためにもぜひどうぞ!

購入ご希望の方はpuahoneyまでご連絡ください

アロマとびわの葉のpuahoney_style ケアルーム(申し訳ありません只今休業中です)

平日週2~3日のみの自宅の1室を利用した小さなケアルームです
ゆったりほっこりしていただける空間を提供いたします
ティータイムを過ごす感覚でいらしてください♪(女性限定です☆)

アロマの香りと力で・・・・ゆったり 
びわの葉温熱療法の体験で・・・・ほっこり
ヒバの桶で足湯なんかも・・・・まったり
足浴の画像→★★


「ケアルームについて」
メニュー表

ご予約・お問い合わせ
オープン日及び予約状況

アロマセラピーについて
びわの葉温熱療法について

プロフィール

pua honey

Author:pua honey
英国IFA認定アロマセラピスト
ARTQ認定妊産婦ケアマスター
びわの葉温熱療法指導員

乳がん&甲状腺がんのダブルキャンサーサバイバーで、超デカ筋腫持ちです。

このブログでは心と身体と暮らしについてのケア方法や体験を綴っていきます

好き♪♪
猫・馬・海・イルカ・温泉・旅行
ぼーっとする

プライベートブログAllhealの森

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最近の記事

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター

管理者ページ


FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。