Articles

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

サニーレタスととろろ昆布

大好きだったおかきやお煎餅をほとんど食べなくなりました。すごーく我慢するというのでもなく、自然に「食べないでいられるなら食べないでいよう」位の気持ちでいます。

ただ、先月はその分、甘いものに気持ちが走っていたような気がします。 間食にタンパク質をとることで甘いものをセーブするという方法は、良かったようなそうでもなかったような。。。。
よくわかりません・・・・^^;

だって、高野豆腐を口にしながらも、頭の中に色々なスイーツが次々と浮かんできちゃうんだもの。でも頭に浮かびながらも、実際にはなんとか我慢はできていたので(本当にダメなときは理性を失って食べまくります(爆!))、とりあえずこれはコントロールできたということにしてもいいのかな。

おせんべいやおかき、そして甘いものがコントロールできている近頃ですが、そこにまた新たな食べたいものが発生してしまいました。
この食い気。どうしたらいいものか。。。。

さて、その新たな食べたいものは何でしょうか。

「サニーレタスととろろ昆布でしょーーー。タイトルがそうだもの」と思いましたか?

はい。問いかけるほどのことではなかったですね。

ここのところ、サニーレタスととろろ昆布が食べたくて食べたくて仕方ありません。

朝は、リンゴ半分とサニーレタスを食べます。結構モリモリ食べちゃいます。

そして昼は、毎朝夫に出しているスープの残りにとろろ昆布を入れたもの。
サニーレタスと他の野菜のサラダ。これは生の野菜と温野菜、そしてその日によってですが、きんぴらごぼうとか卯の花とか、お惣菜をトッピングしたもの。
小豆と雑穀入り玄米ごはんにとろろ昆布をのせたもの。
などなどを食べています。

ただのレタスではなく、サニーレタスというところがミソです。
普通のレタスも好きなのですが、何故かサニーレタスだとすごーくうれしいのです(^O^)/

甘いもの・・・・・と頭に浮かんだときに、「それじゃぁ甘いものとサニーレタスどっちがいい?」と自分に聞くと、「あーーーーサニーレタスが食べたいですぅ。」となるほど、今はサニーレタスを切らすことなく(桂枝茯苓丸はきらしちゃったのに)冷蔵庫に入ってます。

生野菜をむしゃむしゃというのは身体を冷やすからよくない、といいますが、冷蔵庫から出して常温にしてよぉーく噛んで食べているので、そこのところは勘弁してください。
水分をかなりとることになるみたいで、以前よりもお茶を飲む量が減りましたが、身体が冷えて仕方ないとかトイレに行く回数が増えたということはないです。

せっせと家事にいそしんでいますし(本当です!)、日々よく歩いていますし、週に数回スポーツクラブで身体を動かしているので、サニーレタス分の水分はちゃんと消費しているようです。

でもレタスとろろ昆布ばかりを食べたくて仕方ないってちょっとおかしいかしら?と思い、浮かんできたのが「異嗜症(いししょう)」です。

よく鉄欠乏症貧血の人が、氷をが食べたくて仕方ない「氷食症」になったり、そのほか、泥やお茶の葉を食べたがる「異嗜症(いししょう)」」が現れることがるようですが、私もそうなのかな~? でもレタスととろろ昆布だったら全然変なものではないから、「異嗜症(いししょう)」とは言えないかな。

でもおそらく、足りない栄養を補いたいという身体からのリクエストだと思っています。

サニーレタス(は緑黄色野菜です)の栄養素は、β(ベータ)-カロチンが豊富で、そのほかビタミンC、そして鉄、カリウム(余分なコレステロールやナトリウム(塩分)・水分を排出し、むくみを改善する作用がある)、微量ながらもビタミンB群、ビタミンK、葉酸、食物繊維などがバランスよく含まれています。

一方、とろろ昆布には、こちらも鉄分や食物繊維、不足しがちなカルシウムもがたっぷり含まれていて、カロチン、ビタミンB2もあります。

この二つ、まさに今の私にぴったりな食べ物じゃないですか。

「これさえ食べれば」というのは昔から反対ですが、他の食べ物とバランスよく、でも身体が不足している感じるものを多めにというのは、理想的な食べ方かなと思っています。

でもこれも、身体が欲するものというよりも、頭(記憶)が欲しがっているものをむやみやたらに食べていては、こうした身体の声は出てこないような気がします。

身体の本来のリクエストコールをきちんと引き出すためにも、何を食べるかというのは大事なことだな~と思うのです。

食べた栄養が、きちんと腸が吸収できるかどうかも大事なことなので、食べすぎないようにしてありがたく頂いていこうと思います。

まだしばらくサニーレタスさんととろろ昆布さんのお世話になりますm(__)m


今食べているとろろ昆布
とろろ昆布
・原材料名:利尻昆布(北海道産)、昆布(北海道産) 
      米酢

市販されているとろろ昆布には、お酢の他にも砂糖や人工甘味料、化学調味料で味をつけてあるものがあります。
無添加のものを選びたいですね。




pua honeyプライベートブログ《Allhealの森》




      

スポンサーサイト

トラックバック一覧

コメント一覧

コメント投稿フォーム

管理者にだけ表示を許可する

Navigations, etc.

Navigations

ケアルーム 

リハビリエクササイズ「BODY BASE(ボディーバーズ)」 乳がん手術後の傷の回復を早め、心身の治癒を高める“リハビリエクササイズ”のDVDです
リンパ浮腫の予防のためにもぜひどうぞ!

購入ご希望の方はpuahoneyまでご連絡ください

アロマとびわの葉のpuahoney_style ケアルーム(申し訳ありません只今休業中です)

平日週2~3日のみの自宅の1室を利用した小さなケアルームです
ゆったりほっこりしていただける空間を提供いたします
ティータイムを過ごす感覚でいらしてください♪(女性限定です☆)

アロマの香りと力で・・・・ゆったり 
びわの葉温熱療法の体験で・・・・ほっこり
ヒバの桶で足湯なんかも・・・・まったり
足浴の画像→★★


「ケアルームについて」
メニュー表

ご予約・お問い合わせ
オープン日及び予約状況

アロマセラピーについて
びわの葉温熱療法について

プロフィール

pua honey

Author:pua honey
英国IFA認定アロマセラピスト
ARTQ認定妊産婦ケアマスター
びわの葉温熱療法指導員

乳がん&甲状腺がんのダブルキャンサーサバイバーで、超デカ筋腫持ちです。

このブログでは心と身体と暮らしについてのケア方法や体験を綴っていきます

好き♪♪
猫・馬・海・イルカ・温泉・旅行
ぼーっとする

プライベートブログAllhealの森

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最近の記事

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター

管理者ページ


FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。