Articles

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

漢方小説

漢方薬を飲み始めるちょっと前から、漢方に関する雑誌が発売されると購入したり
漢方や東洋医学、中医学に関する書物を図書館から借りたりして、にわか勉強をしていました。

そんな中、図書館で何を探すでもなく、本のタイトルで興味のわきそうなものを・・・と見ていた時、「漢方小説」(中島たい子氏著)という文字に目が留まりました。
(この間の「漢方生活」というタイトルはこの漢方小説をパクリました^^;)

人って、興味の対象となるものがある時、ちゃんとその関連したものに目が留まるようになっているんですね~。きっと何度も目の前を通り過ぎていたに違いないこの本のタイトル。
先日初めて私の目に飛び込んできました。

漢方小説


さっそく借りて読んでみました。

31歳の独身みのりが、原因不明の体調不良になり、散々病院を渡り歩いたあげく漢方診療所に行きつき、玉ねぎの皮をはぐようではあるけど、元気を取り戻していくストーリーです。
みのりの友人たちも個性的なキャラクターがそろっていて、それぞれのやり取りが面白かったです。

現代医学は、病名がつかないと診療対象にならないわけで、また患者のほうも病名が分かることで安心する部分もあると思うのですが、人が病む時って、必ずしも病名が付けられるものばかりではありませんよね。

みのりも場合も、原因は不明だし、様々な検査を繰り返しても異常なし。そうなると当然治療法はなく、身体のどこがどう悪くてというのが結局わからず途方に暮れてしまいます。でも漢方診療所で診察してもらった結果、「水が下がって火が勝っている状態」という診断もちゃんと伝えてもらいました。
そして治療も「腎」の働きを整える漢方を飲んで様子を見ていくことに。

とりあえず一安心するみのりだけど、でも病名は「なし」と先生言われびっくりします。 

西洋医学では、病名で治療法が決まり薬も決まっていくけど、東洋医学では病気が主役ではなく「人」が主役なんですね。
同じ病気でも、患者の基礎体力や、体質(暑がりとか寒がりとか)、生まれながらに弱いところや強いところ、そして今弱いところ、弱りかけているところなどが違うので、そういった部分で診断するため、治療法も薬も変わってくるということです。
本には書いてないけど、生まれ育った環境、影響されてきた(されている)人間関係なども大きく関わってくると思います。
だから病名は統一されたものではなく、「色々なところが弱い、私だけの病気」になるというわけです。

西洋医学と東洋医学のどちらが優位とか、上下の関係になるものではないと思うのだけど(だって根本的に考え方が違うから)、西洋 VS 東洋 みたいになってしまうことも多く、すごく残念です。

必要な時に必要な方を選ぶ、あるいは並行して治療していける環境が当たり前になるといいのにねぇ・・・・。
同時進行することで、相乗効果を得られることはたくさんあると思います。もちろん薬の内容によっては、せっかくの効果を半減させてしまったり、あるいは副作用を引き起こすこともあるので、併用するにあたっては漢方薬の服用は、必ずや専門家の処方によるものに限りますょ。

この本を読んでいて、「あーーーあの人こそ漢方が必要かも」という人を思い出しました。
めったに会うことはないのですが、会うたびに病名が増えていきます。
病院にいって具合が悪いと検査をしたときに、多少なりとも引っかかるものがあれば(数値的にとか画像的に大したことがなくても)、病名はつきます。

病名がつくと、人ってそこから「病人」になるんですね~。その人をみていてそう思いました。
どんどん病名が増えるので、たいそうな重病人になってしまっているようです。
でも症状も大したことないので、本当は気の持ちようで「元気」の部類に入るのでしょうが、「病気」でいるほうが好きな人っているもので、その人もそういうタイプなのかもしれませんね。

「ずっと不調」「いつも不調」が口癖になっているその人をみて、是非とも漢方を勧めてみたいのですが、私の意見はことごとく反発された過去があるので、いつの日か、自分から漢方に興味を持って試してみてくれることを祈りつつ・・・・・今はきっと余計なお世話になると思うので黙っておきます。

私は今、子宮筋腫の成長を遅らせるため(更年期対策もだけど)、漢方薬を飲み始めたのですが、中医学の感情と臓器の働きが関連していると考えるところも気に入ったからなのです。
気に入ったというよりも、各臓器と各感情は互いに影響を与える密接な関係にある、というところに「ごもっともー!」と同感したからです。

人間だもの。感情のないロボットならともかく生身の人間だもの。

少しずつ漢方や中医学の知識が増えてきたら、もっともっと勉強したくなりました。
漢方に欠かせない植物の存在やそのパワー。
アロマでは使われない植物の薬効パワーにも、目を向けてみたくなりました。

みのりが訪れた「東京途薬用植物園」は実際に存在するので、お天気の良い日に私もぶらっと訪れてみよう。




pua honeyプライベートブログ《Allhealの森》





スポンサーサイト

トラックバック一覧

コメント一覧

わたしも漢方薬には長い間、お世話になってまーす!
去年の暮れにちょっと薬の調整をしてもらったら、
格段に症状がよくなって、ビックリしました(・。・;
医師のガッツポーズが出ましたv-218

アロマの勉強をする中で、相手をまるごと知るのに、
東洋医学がとっても役に立つことも感じてます。
まだまだ勉強は追いついてませんが・・・
紹介していただいた本、ぜひ読んでみたいと思います!!
ありがとうございます☆

kemoさん

漢方は、本当に自身の証にあうと症状がびっくりするほどよくなりますよね。
ただこの証にあったものを見つけるのは結構大変みたいですね。
日々環境も人の身体も心もかわりますし。
だからこそ、良い漢方の先生に出会いたいものだと思っています。

kemoさんの症状が良くなって本当によかったです♪

ブログも拝見させていただきました。

庭師のお仕事なんてすごいですね。
周りにそういった仕事をしている人がいないので、とても興味をもって読ませていただきました♪


  • 2010/03/22
  • pua honey ◆ -
  • [ URL ]
  • [ 編集 ]
コメント投稿フォーム

管理者にだけ表示を許可する

Navigations, etc.

Navigations

ケアルーム 

リハビリエクササイズ「BODY BASE(ボディーバーズ)」 乳がん手術後の傷の回復を早め、心身の治癒を高める“リハビリエクササイズ”のDVDです
リンパ浮腫の予防のためにもぜひどうぞ!

購入ご希望の方はpuahoneyまでご連絡ください

アロマとびわの葉のpuahoney_style ケアルーム(申し訳ありません只今休業中です)

平日週2~3日のみの自宅の1室を利用した小さなケアルームです
ゆったりほっこりしていただける空間を提供いたします
ティータイムを過ごす感覚でいらしてください♪(女性限定です☆)

アロマの香りと力で・・・・ゆったり 
びわの葉温熱療法の体験で・・・・ほっこり
ヒバの桶で足湯なんかも・・・・まったり
足浴の画像→★★


「ケアルームについて」
メニュー表

ご予約・お問い合わせ
オープン日及び予約状況

アロマセラピーについて
びわの葉温熱療法について

プロフィール

pua honey

Author:pua honey
英国IFA認定アロマセラピスト
ARTQ認定妊産婦ケアマスター
びわの葉温熱療法指導員

乳がん&甲状腺がんのダブルキャンサーサバイバーで、超デカ筋腫持ちです。

このブログでは心と身体と暮らしについてのケア方法や体験を綴っていきます

好き♪♪
猫・馬・海・イルカ・温泉・旅行
ぼーっとする

プライベートブログAllhealの森

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最近の記事

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター

管理者ページ


FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。