Articles

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

甘いもの(糖質)暴食防御法

月経まであと1週間から10日後となり、今まさに黄体期に入りPMSが強くなる時期ですが、先月よりもぐっと楽に過ごせています。

とくに糖質コントロールと暴食防御に関して、は完璧ではないけどまぁまぁできているように感じます。また、イライラしたり、どーんと落ち込むようなマイナス感情もそんなに激しく出てこないので、今月は久しぶりに元気に過ごしています。

食欲のコントロールができると、イライラや落ち込み、その他の症状も軽減するようなので、私にとってPMS改善の一番のキーポイントは、「食欲コントロール」にあるようです。
特に暴食したくなるのは食べやすいということもあり糖質(炭水化物も)のものなので、これが低血糖症にもつながるため、まず、取り入れてみたのが「たんぱく質摂取の間食」です。
糖分が欲しいという信号が出た時はすでに血糖値が下がってしまっているため、下げないように間食をするとよいということです。それもたんぱく質を、です。

私は動物性たんぱく質や乳製品は控えているので、何がいいかなぁ~と考えた結果、「高野豆腐」に目を付けました。
重曹も使っていない昔ながらの製法で作られた高野豆腐を、時間をかけてゆっくり戻し、一口のサイズに切って出汁でじっくり煮ます。この時にはお酒やみりんも入れず(できるだけ糖分は摂らないようにするため)、切干大根またはその戻し汁と塩少々を入れて煮込みます。
切干大根の淡い甘みがついて、みりん等を入れなくても美味しいのです。
どうしても食べたくてたまらなくなったら、まず「高野豆腐を一口」いきます。
もちろん食べすぎたら意味ないので、一つ二つをよぉーーく噛んで食べます。
それで結構満足できます。

高野豆腐がないときは、納豆を半パック食べたり、ナッツ類→そのあとレーズン等のドライフルーツを少々つまんだりしています。
必ずしもこれらじゃなくても、自分にあったたんぱく質を少量だけ食べればいいと思います。

甘いものを全く食べない!とストイックにしているわけではないので、先週末は少しだけおやつ(いわゆるスイーツ)も食べました。いつも土日は夫と一緒にブランチ後のおやつを楽しみます。
ただ、いきなり甘いものに手を伸ばすのではなく、ナッツを数粒食べてからにしています。
アーモンドなどは血糖値の上昇を抑えてくれるそうです。
スイーツも上手にコントロールできるなら、たまに楽しむ分にはいいのではないかと思っています。ただ、コントロールが利かないかも・・・・と自信がないときは手を出さないようがんばって我慢します。時には我慢することも大事ですから。
また、よくマクロビスイーツだからと大丈夫と思ってしまう人がいますが、精白糖を使用していなくても、メープルも米飴も糖は糖なので気をつけないといけません。

食べてコントロールする方法は、「どうしても食べたいとき!」であって、本当は食べないで済めばそのほうがいいな、と思っています。
少食にするほうが胃腸はすっきりするし、便も出やすいからです。
黄体期はホルモンの影響でただでさえ便が出にくくなるうえに、私の場合、筋腫が大腸を圧迫しているため、食べる量が増えると余計に出なくなってしまうのです。
そうするとガスがも溜まり臭いおならがぷっぷく出る出る・・・(おっと!余談です(-_-)/~~~ピシー!ピシー!)

そこで、食べずに血糖値を上げる(お腹が空いたという感覚は低血糖状態であるため)方法がいいですよね。そのひとつとして、「アドレナリン」を出す、というのがあるそうです。
アドレナリンが出ることで、脳が食欲を抑えるのでしょうか。

アドレナリンというと攻撃的な感情も関係しているため、せっかくイライラもなくそうとしているのにそりゃないよ、と思っていたところ、「ときめく」のもいいらしいです。
何にときめく?
もうすぐ春だから恋?
夫に?  ・・・・・ まぁそれもいいかもしれませんが、ちとトキメキ度は弱いかも^^;

運動もいいようです。ただ、アドレナリンを出すためには無酸素運動みたいに激しくないとだめかも。
無酸素運動はちときついので、有酸素でいいかな。アドレナリン効果は薄いかもしれませんが、身体を動かすのは色々な効果を生みますからね。
体温を上げて、血流を良くし、気分をすっきりさせれば「食のコントロール」もしやすくなります。
ウォーキングに出かけたり、足湯をしたり、ストレッチや座禅もお勧めです。ただこの辺は、ある程度のコントロールができる時じゃないとやる気も起きなかったり、効果も得られない可能性もあるかも。

とにかく食べたい欲求が強いときは、何が何でも我慢したり気をそらせるというのではなく、「食べる」方法(たんぱく質摂取)で少しずつ落ち着かせていくほうがよいような気がします。
まぁ多少なりとも我慢できるなら、「暴食」なんてしなくて済むわけで、何か方法を探す必要もないわけですしね。
注意したいのは、食べる方法も「たんぱく質」が鍵で、決して「糖質」に手をかけてはいけません。 食べても食べても止まらなくなっちゃいますから・・・・(>_<)(経験済み)

今日はお天気も体調も良いので、これからスポーツクラブにいってさっぱりして、そのあと散歩でもしてきま~す。




pua honeyプライベートブログ《Allhealの森》




スポンサーサイト

トラックバック一覧

コメント一覧

びわの葉温熱療法

はじめまして。
猫の温熱療法で検索していて、こちらのブログにたどり着きました。記事は2007年の、かなり以前のものになるようなのですが、ぜひアドバイスいただきたく、お邪魔いたしました。

飼っている猫に腫瘍が見つかり、手術・放射線治療・化学療法としてきましたが、再発し、現在
温熱療法ができる病院をさがしています。

病院をさがしている途中で、自宅でできるびわの葉を使った
温熱療法の存在を知り、併用させてやっていこうと思いました。

今は、湿らせたびわの茶葉を蒸したものを、リードクッキングペーパに包んで、猫の体表面にあてています。
とても気持ちよさそうにごろごろいっているので、
それなりに良いのだとは思うのですが、もっと効果的な方法があれば、ぜひ教えてください。

よろしくお願いいたします。

  • 2010/02/27
  • ちっち ◆ CjlWd7YA
  • [ URL ]
  • [ 編集 ]
ちっちさん

ちっちさん、はじめまして。

ブログ拝見させていただきました。
ちっちちゃん、びわの葉の温シップ気持ちよさそうですね~。

個人的には、今の形で十分のような気がします。
専門に治療をするような立場ではないのですが、経験から人間と同じやり方は猫ちゃんには強すぎるように感じます。

猫ちゃんの大きさ、年齢、病気の種類、進行度によってもちろん差はありますが、猫はとても自助能力や治癒力の高い動物です。
また、彼らは(ワンちゃんもですが)、小さな神々と呼ばれていると教えてもらいました。
高次位階の神様に守られ、本来人間が介入できるような場ではないそうです。

それでもどんなことをしてでも何かしてやりたい愛すべき存在ですよね。

一番ちっちちゃんにとって必要なのは、できるだけスキンシップをして安心感を与えてあげることだと思います。
むしろ、「治してやらなくちゃ」とがんばりすぎて強い刺激を与えてしまうのは、心にも身体にも負担をかけてしまうので、今のようにちっちちゃんが安心して飼い主さんの腕の中で「ほんわか~」と気持ちよくしていられることが最も大事なことではないかと感じます。

もし、びわの葉がすぐに冷めてしまうようであれば、ゆでたこんにゃくを葉の上に乗せるといいかもしれません。その場合にはこんにゃくはガーゼなどにくるんで熱さを調節し、ちっちちゃんが心地よい温度にしてあげてくださいね。

飼い主さんの「気」も治癒力を助ける素晴らしい力になりますよ。
時々手のひらからでる「気」を十分にあててあげながら、温シップをすると、より効果的だと思います。

私もお粗末ながらも遠隔で、ちっちちゃんへの応援をさせていただいます。

puahoney

  • 2010/02/28
  • pua honey ◆ -
  • [ URL ]
  • [ 編集 ]

puahoney様、ありがとうございます。



アドバイス、とても心に響きました。。。。
とても勇気付けられました。。。。。

小さな神々、って、エジプトでのお話ですね。

わたしにとって、とても愛しい、尊い小さな命。
それに対する思いって、神さまに対する思いに
近いな、って思いました(笑)
わたし自身は無宗教なのですが、崇拝する気持ちが、
なにやらそれに近いような。。。。(笑)

わたしの小さな神さまと、触れ合う時間を大切にしていこうと思います。

アドバイスほんとうにありがとうございました。

これからも時々お邪魔させてください。



  • 2010/03/01
  • ちっち ◆ CjlWd7YA
  • [ URL ]
  • [ 編集 ]
コメント投稿フォーム

管理者にだけ表示を許可する

Navigations, etc.

Navigations

ケアルーム 

リハビリエクササイズ「BODY BASE(ボディーバーズ)」 乳がん手術後の傷の回復を早め、心身の治癒を高める“リハビリエクササイズ”のDVDです
リンパ浮腫の予防のためにもぜひどうぞ!

購入ご希望の方はpuahoneyまでご連絡ください

アロマとびわの葉のpuahoney_style ケアルーム(申し訳ありません只今休業中です)

平日週2~3日のみの自宅の1室を利用した小さなケアルームです
ゆったりほっこりしていただける空間を提供いたします
ティータイムを過ごす感覚でいらしてください♪(女性限定です☆)

アロマの香りと力で・・・・ゆったり 
びわの葉温熱療法の体験で・・・・ほっこり
ヒバの桶で足湯なんかも・・・・まったり
足浴の画像→★★


「ケアルームについて」
メニュー表

ご予約・お問い合わせ
オープン日及び予約状況

アロマセラピーについて
びわの葉温熱療法について

プロフィール

pua honey

Author:pua honey
英国IFA認定アロマセラピスト
ARTQ認定妊産婦ケアマスター
びわの葉温熱療法指導員

乳がん&甲状腺がんのダブルキャンサーサバイバーで、超デカ筋腫持ちです。

このブログでは心と身体と暮らしについてのケア方法や体験を綴っていきます

好き♪♪
猫・馬・海・イルカ・温泉・旅行
ぼーっとする

プライベートブログAllhealの森

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最近の記事

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター

管理者ページ


FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。