Articles

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

がん患者へのアロマケアセミナー

5日(日)は、「がん患者ケアとアロマセラピー」というワークショップに参加してきました。

講師はIFA理事とIFA認定試験管をしている方で、イギリスからいらしてくださいました。
毎年7月~8月にかけて、IFAの認定試験が行われますから、その試験管として来日されたこともあり、ついでに(?)ワークショップを開催されたのでしょうか。ハードスケジュールの中、機会を作ってくださったことに感謝いたします。

ただ、内容的にはあまり目新しいものはなく、少しあてが外れた感もありました。

講義の最初は、アロマの歴史についての簡単な話があったのですが、正直不要だったような気もします。
参加者は現役アロマセラピストですし、本題のがん患者ケアについてその分時間を割いて欲しかったなぁというのが本音です。

そして、手元の資料に書いてあることの復唱がほとんどで、更に深い説明や彼女自身の現場での経験話がなかったのが残念でした。

私自身がん患者でありますし、シャローム会というがん患者会のお手伝いを少しですがさせていただくなか、乳がんだけでなく様々な部位のがんの勉強も始めています。

私が持っている「がんとがん患者」に関する知識は、この日のワークショップでの内容をすでに網羅しており、またがん患者に対するアロマセラピーの知識やケア行為もすでに実施していることでした。

もちろん不満だけではありませんよ~^^;
この日のワークショップで、自分が手探り状態で勉強しながら積み重ねてきた、がん患者さんへのアロマケア法は、間違ってはいなかったと確認することができました。
また、より一層、慎重になるべきところや勉強をしていかなくていけない部分を見つけ出すことができ、とても有意義なワークショップだったと思っています。

ただ、気になったことは、すでにがん患者さんへのケアをされているアロマセラピストさんたちが持っている知識が、まだまだ少なかったことです。

たとえば、ターミナルケアをされている患者さんへのアロマセラピーは、精油を使うことはQOLの大きな助けとなりますが、身体(代謝・解毒)の衰弱を考えてか植物油のみでトリートメントをしているという方がいらっしゃいました。

また、リンパ浮腫が軽い場合は、エフルラージュなどでやさしくトリートメントしているというセラピストさんがいらっしゃいましたが、リンパ浮腫になっている患者さんには、たとえ軽度であってもトリートメント(マッサージ)を行ってはいけないと“実感”しています。

リンパ浮腫はただの「むくみ」とは違います。
軽度のリンパ浮腫を、トリートメント(マッサージ)で悪化させてしまうことはよくありることですので注意しなくてはいけません。

もちろん、「リンパ浮腫」にまだなっていない状態であれば、アロマトリートメントは、とても有用だと考えています。

最近やっと乳がん学会でも「リンパ浮腫」について取り上げられるようになってきたようですが、一般的にまだまだリンパ浮腫は予防も含めて対処法は知られていませんから、仕方がないといえば仕方がないのかもしれませんが。。。。

だからこそ、がん患者さんをケアしようと思うセラピストは、「癌」という病気だけでなく、術後や治療後の身体の変化や治療法、治療薬までも多くのことを勉強する必要があると思っています。

新しい情報を得ることも重要ですし大変です。またそれがどこまでアロマセラピーの中に取り入れられるか、あるいは必要な情報をどう選択していくか、あらゆる方向から自分なりにも勉強・研究する必要があると思っています。

私たちセラピストは治療ができない分、患者さん達のQOLをいかに向上させて気持ちよく過ごしてもらうかが、一番の仕事です。
それを、知らないとはいえ悪化させてしまうようなことは避けなくてはいけません。

1日、1日がとてもとても貴重な日々ですから。

ターミナル緩和ケアのがん患者さんに携わるセラピストは、リラクゼーションを提供するだけでなく、生活そのものを変化させてしまうこともある、ということを頭の隅に、でもしっかりと刻んでおいて欲しいと思います。

私ももちろん、もっともっと精進してまいります。

と、そんな思いを胸に抱えつつ、夜は私の大好きなセラピスト友達「Aちゃん♪」と、南青山にある韓国薬膳料理の店『雑草家』で、ディナーを楽しみつつ、おしゃべりに花を咲かせてきました。

彼女は、すでに緩和ケア病棟にアロマセラピーを取り入れるという方向で、院内のスタッフの方へのアロマトリートメントをボランティアで提供しています。

この日は、なかなか「厳しいよ~~><」ということを体験として話してもらい、とても参考になりました。

でも先駆者がいるというのは、本当に心強いな。

今日は、私はまたもや間抜けな一日を過ごしてしまい、病院にいき損ねてしまったけど、これからが本番!と気を引き締めてがんばっていきます♪



プライベートブログはこちらから♪→「Allhealの森」
mixi 赤ちゃんを心待ちにしている方のためのコミュ♪→「自然・こころ・からだの声を聞く」



スポンサーサイト

トラックバック一覧

コメント一覧

Re: がん患者へのアロマケアセミナー

有意義な時間をありがとね~楽しかったよ。
ついつい「厳しいよ~」なんてこぼしましたが
お互い少しづつ前進しようね!

  • 2007/08/08
  • Aちゃん ◆ -
  • [ URL ]
  • [ 編集 ]
Aちゃん♪

こちらこそありがとう♪
すごく楽しかった!!
「厳しく」て当然だよね。
だって仕事だもの。
もっと気を引き締めてがんばらなくちゃ!と、思いました。
でも少しずついきま~す♪
また色々お話聞かせてね。

  • 2007/08/08
  • pua honey ◆ -
  • [ URL ]
  • [ 編集 ]
コメント投稿フォーム

管理者にだけ表示を許可する

Navigations, etc.

Navigations

ケアルーム 

リハビリエクササイズ「BODY BASE(ボディーバーズ)」 乳がん手術後の傷の回復を早め、心身の治癒を高める“リハビリエクササイズ”のDVDです
リンパ浮腫の予防のためにもぜひどうぞ!

購入ご希望の方はpuahoneyまでご連絡ください

アロマとびわの葉のpuahoney_style ケアルーム(申し訳ありません只今休業中です)

平日週2~3日のみの自宅の1室を利用した小さなケアルームです
ゆったりほっこりしていただける空間を提供いたします
ティータイムを過ごす感覚でいらしてください♪(女性限定です☆)

アロマの香りと力で・・・・ゆったり 
びわの葉温熱療法の体験で・・・・ほっこり
ヒバの桶で足湯なんかも・・・・まったり
足浴の画像→★★


「ケアルームについて」
メニュー表

ご予約・お問い合わせ
オープン日及び予約状況

アロマセラピーについて
びわの葉温熱療法について

プロフィール

pua honey

Author:pua honey
英国IFA認定アロマセラピスト
ARTQ認定妊産婦ケアマスター
びわの葉温熱療法指導員

乳がん&甲状腺がんのダブルキャンサーサバイバーで、超デカ筋腫持ちです。

このブログでは心と身体と暮らしについてのケア方法や体験を綴っていきます

好き♪♪
猫・馬・海・イルカ・温泉・旅行
ぼーっとする

プライベートブログAllhealの森

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最近の記事

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター

管理者ページ


FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。