Articles

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

口内炎だらけ

口内炎が、1つ、2つ、3つ・・・とできた時、1週間もすればなくなると思いきや、いやはやこんなにひどくなるとは思ってもみなかった。

母が退院した日(10月17日)にはすでにぽつんとできていて、それでもいつものことと気にならなかったのに、週明けて月曜日(19日)には3つに増え、そして火曜日(20日)には4つになっていた。

そして次の日の水曜日(21日)から3日間の発熱。 これがまた38,4度~38,6度とかなりの高熱で、夫も私も「すわ! インフルエンザか!?」と思ってしまった。

でも身体の状態をどう見ても、風邪とかインフルエンザの気がせず、結局病院には行かなかった。
まぁ病院に行く気力も体力もなく、待たされた挙句本当にどこかからインフルエンザをもらってきそうな気がしたので、行かなくて正解。

それにしても、今回の口内炎には本当に参った。

いくつなんて数えられるうちは軽症なのだと(自分にとって、ということです)思った。何せ数えきれないくらい口の中に白いぶつぶつ。そして炎症をおこして真っ赤になり、潰瘍になってしまった部分もあり、水さえしみた。

喉の奥にも広がったときは最悪で、唾も飲みこめず声を出すのも辛かった。 なぜにこんなひどくなってしまったんだろう。。。。?

考えられる原因を片っぱしから考えてみた。

・母の入院に伴い、通院等で疲れ免疫力が落ちた。そして術後の経過よろしく無事退院しホッとしたことで、一気に気が緩み疲れが口内炎の形ででてきた。

・子宮筋腫による貧血

・女性ホルモンバランスの崩れ(*後日加筆)

・甲状腺機能低下による貧血。そして代謝機能低下によって治癒が追いつかずどんどん増えた。

・夏頃から週末によく食べにいった中華料理屋さんが使用する調味料が、身体に負担をかけた。
 (うま味調味料とか・・・)

・ローフードを取り入れたことによっての身体のデトックス。あるいは好転反応。

・生野菜の食べすぎで身体が冷えた。あるいは胃に負担がかかりすぎた。

・フルーツの食べすぎで身体が冷えた。

・季節の変わり目による身体の変化。

・心の問題(?)(言いたいことがいえないため口の中にトラブルが起こった)
          ↑とどこかから聞いたけど、私としては??? あまりこういうこと気にしずぎるのも良くない気がするなぁ~と最近思う。 心の問題に関してはまたいつか改めて思うことを書いてみたいと思う。


などなどなど・・・・・

思い当たることをずらずらと書き並べてみたけど、原因は一つではないし、どれも少しずつ関係しているのだろうと思う。


病院には行かなかったけど、何もしなかったわけではなく、やっぱり痛みを軽減したり早く治したい一心で、いろいろ試してはみた。

どんなことかというと。

・口の中を頻繁にすすぐ。 このとき浄水していない水道水はしみるのでだめ。冷たい水もだめ。
 ぬるめが良い。 ほんのひとつまみの塩をいれるとあまりしみない。(全くではなかった)

・水だけでなく、びわの葉のエキスを口に含んだ。 口の中全部口内炎になったときはアルコール分がしみるので薄めて使った。  消毒作用が強いので良い菌まで殺してしまうような気がしたため、必ずそのあとで水で口中をゆすぐ。 ゆすがないと痛くてしょうがなかったのもあるけど。

・熱いもの、冷たすぎるもの、刺激の強いもの、酸味の強いものは口にしない。 というよりできなかったけど。 噛むこと自体が辛いので、なるべく柔らかくて水分の多いものを食べた。
生野菜や青汁などのローフードは食べたいとは思わなかった・・・。

・痛みを和らげるために効果があったのは、クローブの精油(*)。
 オリーブオイル5mlに対して10滴の精油を入れて、綿棒で患部につける。
 口内炎の数が少なくい場合は、もう少し濃度が高くてもいいと思うが、今回は何しろ範囲が広いため、10滴(場合によってはもっと低濃度で)にした。

・木酢液で口をゆすぐ(これも効果大)
 または患部に原液塗布する(*後日加筆)

・口の中は清潔に保つため歯磨きは怠らない。 口を開けるのも痛かったけど、患部にブラシが当たらないようにすごい顔になりながら毎食後。
 (毎食というほど食べられなかったが)

・唇を冷たいタオルで冷やす。 唇が紫色に変色するぐらい腫れてしまい、冷やすと痛みが緩和された。 唇の内側に口内炎ができた時は、患部ではなくて唇を冷やすと楽になることがわかった。

・食べられるものが限定、量も食べられないため、体重は激減。 だが栄養ドリンク等は避けたかったので、栄養補給のために用いたのが、「玄米スープ」(辰巳芳子著) これには身体も救われたと思ったはず。(その後「あなたのために- いのちを支えるスープ」辰巳芳子著を思わず購入)

・知り合いの方(薬剤師さん)からの朗報。「ルミンA」が良いと勧めていただき、さっそく買って服用。
ほとんど治りかけていた時だったが、服用した次の日には残っていた数個の痛みがなくなり、その翌日には赤みが少し残るものの、痛みは全くなくなった。
ルミンAは有効成分クリプトシアニンO.A.コンプレックスにより、免疫力を高めて細胞組織活性化させるというもの。 口内炎用というわけではなく、炎症等の症状を修復させる作用がある。
効果としては、アレルギー性疾患・食欲不振・貧血・一般創傷・・・・など。
(薬局で購入できます。持病がある方は薬剤師さんに相談してから服用してください。)


そんなこんなで色々試しつつ、後は自己治癒力を信じて治るのを根気強く待った。
さすがに辛かったけど・・・><

前回の頭痛といい、今度は口内炎といい、身体からのメッセージは大事にしようと思う。
と、同時に、身体の治癒力って本当にすごい!と思った。

あんなにひどくなっていたのに、いろいろ試してはみたとはいえ2週間を過ぎるとどんどん治っていった。頭痛の時も2週間を過ぎるとどんどん痛みが軽くなった。

もちろん、自然に任せているだけではダメな時もあるので、どの時点で病院や薬に頼るかは、ちゃんと自分で決めなくてはいけない。
痛みに弱い人もいるし、体力がない人もいる。もう少し我慢すれば・・・と言ってるうちに治癒力が追い付かず、悪化の方が早くなることもある。

頭痛の時も今回の口内炎も、私には治癒力に任せておける体力と(気力もか?)、そして痛みに対する強さもあったから、急性処置を行わずとも時間をかけて治るのを待つことができた。

もし待つことができるのなら(でも痛みは極力除いた方がいい)、自分の身体を信じて、じっくり身体と向き合ってみるのもいいかもしれない。
どうしたら日々の生活の中で工夫しながら、身体の応援ができるのかを考える良い機会だし、ほんのわずかな身体の変化にも気が付くことができるようになる。

そして自分の身体を通して学んだことは、今後も大いに役立つと思っている。


それにしても、頭痛、口内炎ときて次はなんだ!?とついつい考えてしまう。
だからといって深刻になっているわけではなく、思い当たる原因についてのケアもしっかりやっていこうと思うけど、何はともあれ痛いのは嫌だな~。

まずは落ちた筋力をつけるべく、また少しずつスポーツクラブに通うことにしようかな。



*クローブの精油は、ドイツでは歯科治療によく使われる。 麻酔作用もあるため痛みが強い場合に用いると楽になる。 ティートリーとブレンドしたオイルもなかなかよかった。
精油を原液でつける場合、口内炎の数が少ないことが条件。ただ、1日の使用回数が多いと患部が乾燥しすぎてよくないので、植物オイルで希釈したものを使用した方がいい。 植物オイルは口の中に入れても安心なものを使用すること。 また、植物オイルも精油も、質が良く酸化していないものに限る。 使用する際には、自身の責任において行うこと。





pua honeyプライベートブログ《Allhealの森》





スポンサーサイト

トラックバック一覧

コメント一覧

コメント投稿フォーム

管理者にだけ表示を許可する

Navigations, etc.

Navigations

ケアルーム 

リハビリエクササイズ「BODY BASE(ボディーバーズ)」 乳がん手術後の傷の回復を早め、心身の治癒を高める“リハビリエクササイズ”のDVDです
リンパ浮腫の予防のためにもぜひどうぞ!

購入ご希望の方はpuahoneyまでご連絡ください

アロマとびわの葉のpuahoney_style ケアルーム(申し訳ありません只今休業中です)

平日週2~3日のみの自宅の1室を利用した小さなケアルームです
ゆったりほっこりしていただける空間を提供いたします
ティータイムを過ごす感覚でいらしてください♪(女性限定です☆)

アロマの香りと力で・・・・ゆったり 
びわの葉温熱療法の体験で・・・・ほっこり
ヒバの桶で足湯なんかも・・・・まったり
足浴の画像→★★


「ケアルームについて」
メニュー表

ご予約・お問い合わせ
オープン日及び予約状況

アロマセラピーについて
びわの葉温熱療法について

プロフィール

pua honey

Author:pua honey
英国IFA認定アロマセラピスト
ARTQ認定妊産婦ケアマスター
びわの葉温熱療法指導員

乳がん&甲状腺がんのダブルキャンサーサバイバーで、超デカ筋腫持ちです。

このブログでは心と身体と暮らしについてのケア方法や体験を綴っていきます

好き♪♪
猫・馬・海・イルカ・温泉・旅行
ぼーっとする

プライベートブログAllhealの森

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最近の記事

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター

管理者ページ


FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。