Articles

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

水は命

日本は本当に水に恵まれた国だと思う。 飲むことができる水が蛇口をひねれば簡単に出るのだから。

といいつつも、我が家では浄水器をつけているし、さらに炭を入れて沸騰させたものやペットボトルの水も利用して、蛇口から出る水はそのままではあまり飲んでいない。

すごくまずいわけではないのだけど、「おいしい!甘い!」と感じないから。。。。

人間の体は60%以上が水分だといわれている。
水なしで人は生きられないし、この地球自体水の惑星といわれるくらいだから、そこで生きていく人間は(もちろん動植物も)水が生命の源といっても過言ではないと思っている。

その命ともいえる水を私たち人間が汚染しているのはどういうことだろう。。。。と本当はそこがとても重要なのだけど、今日はそういう話ではないのでまたの機会にすることにして、水を汚さないことを日常の中の習慣にするとともに、身体のためにはやっぱり汚染されていない美味しい水を飲んでいきたい。

水道の水とペットボトルの水。

はてさてどちらが摂取するにはいいんだろうか?

ある本を出している著者は、水道水は塩素が使われているためエネルギーが消耗しているといい、
また別の著者は、水は流れているからこそエネルギーを持つのであって、従ってペットボトルは詰め込まれてそのまま動かないから水道水の方がまだまし、という。

う~ん。どっちもどっち。って感じ?

水に関してだけではなく、あらゆることに対して様々な意見がまことしやかに書かれていたりするので、何がいいんだか迷ってしまう。

こういうときは、自分を信じるしかない!
自分の直感を信じてみる。これが一番。

ということで、我が家は上記に書いたような方法をとっている。

何が基準か、まず自分の舌で味わって「おいしい」「甘い」と感じること。

すーーっとのど越しがよくて抵抗なく体内に吸収される感じがすればOK♪

そんなのわからない!なんて言わずに、普段水の存在をあまり考えずに飲んでいる方は、じっくりと味わってみてほしい。

でも案外「水」をそのまま飲む人って少ないのかもしれない。

コーヒー、お茶、紅茶、味噌汁・・・など何か味のついたもので水分をとることが多い?

水をそのまま飲む。
実はこれが、身体とこころケアにはとっても大切なことなんだと、私もこの数か月間、自分の暮らしを見直していく中ではっきりと感じとった。

美味しい水を飲もう!
それが身体の細胞がどれだけ喜ぶことか。

反対に身体が拒否する水を飲み続けたら・・・・・・。(怖っ)

次回は水と細胞について。
(そんな専門的なことじゃないです。自分の身体で感じたことです)


蛇口



pua honeyプライベートブログ《Allhealの森》






スポンサーサイト

トラックバック一覧

コメント一覧

コメント投稿フォーム

管理者にだけ表示を許可する

Navigations, etc.

Navigations

ケアルーム 

リハビリエクササイズ「BODY BASE(ボディーバーズ)」 乳がん手術後の傷の回復を早め、心身の治癒を高める“リハビリエクササイズ”のDVDです
リンパ浮腫の予防のためにもぜひどうぞ!

購入ご希望の方はpuahoneyまでご連絡ください

アロマとびわの葉のpuahoney_style ケアルーム(申し訳ありません只今休業中です)

平日週2~3日のみの自宅の1室を利用した小さなケアルームです
ゆったりほっこりしていただける空間を提供いたします
ティータイムを過ごす感覚でいらしてください♪(女性限定です☆)

アロマの香りと力で・・・・ゆったり 
びわの葉温熱療法の体験で・・・・ほっこり
ヒバの桶で足湯なんかも・・・・まったり
足浴の画像→★★


「ケアルームについて」
メニュー表

ご予約・お問い合わせ
オープン日及び予約状況

アロマセラピーについて
びわの葉温熱療法について

プロフィール

pua honey

Author:pua honey
英国IFA認定アロマセラピスト
ARTQ認定妊産婦ケアマスター
びわの葉温熱療法指導員

乳がん&甲状腺がんのダブルキャンサーサバイバーで、超デカ筋腫持ちです。

このブログでは心と身体と暮らしについてのケア方法や体験を綴っていきます

好き♪♪
猫・馬・海・イルカ・温泉・旅行
ぼーっとする

プライベートブログAllhealの森

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最近の記事

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター

管理者ページ


FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。