Articles

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

心と子宮筋腫

今日もまた筋腫の話です。

森昌子さんの記者会見を見て、「とっても辛かったのね」と改めて感じました。
更年期の症状と立っていられないほどのひどい貧血だったそうですから、今は身体も心も辛さから解放されたようで、会見している表情も、以前よりずっと明るかったような気がします。

更年期に入ると、急激に女性ホルモンのバランスが崩れるため、筋腫による不正出血もよりひどくなるそうです。
森昌子さんは、きっと小さい筋腫でも症状が強くでる、子宮の内側に発症してしまったのかもしれませんね。

子宮筋腫ができる主な原因は、女性ホルモン(エストロゲン)の影響によるものが大きく、そのほかに食生活や環境など様々なことが関わっているのは、他の病気と同じかと思います。
そして、東洋医学(中医学)などでは心の状態も関係しているとも言われます。

最近、私はこの「心の状態」が子宮筋腫の成長に深いかかわりがあることを実感しました。
実感というか、実体感かな。

月経前以外は、お腹の膨満感もなく便通もしっかりあるので、お腹は案外ぺちゃんこです。
ぺちゃんこというのはちょっと言いすぎでした^^;しっかりお肉はついていますから。。。。
でも仰向けになっても多少のしこりは感じても、そんなに恐れをなすほどではありませんでした。
まぁ許容範囲の大きさというか、まだ大丈夫という気持ちがあったのです。

先日ある人からのメッセ―ジでひどく落ち込むことがありました。その人には時々ぐさっとやられます。
私が勝手に傷ついているだけなので、その人に悪気はなく(と思いたい)、だから相手に傷ついたことを伝える気はありませんが、それもまたストレスというか思いをため込んでしまうので、いつまでも落ち込む原因となるんでしょうね。

落ち込む日々の中、筋腫の状態が明らかに変化したのを感じました。
より、硬くて盛り上がってくる感じ。
さすがに怖かったです。しばらく自分のお腹を触ることができませんでした。

大きくなった。そう思いました。

いつもだと月経前に成長するような気がしていたのですが、その時期は一番体調も安定していて、お腹も柔らかく暖かく穏やかに過ごせる周期のはずだったのに、おへその下あたりは温めてもなかなか冷えがとれず、気持ちもずっと落ち込んだままでした。
今月は夫にも少しあたってしまったし(>_<)

これって・・・・。

もちろん落ち込んだことだけが原因ではないかもしれません。
筋腫が成長する時がどういう時かを研究したデータなどを見たことがないし、心の状態がそんなにダイレクトに筋腫の成長にひびくものなのかなんて、きっと医者だったら信じないと思うし。

でも自分の身体です。
毎日、筋腫ちゃんを憎む気持ちは持たずに、むしろ「お疲れ様。もういいのよ」という気持ちで、お腹を優しくさすったり、便通や血行を良くするためにマッサージをして、常に触れてきていたのでわずかな変化も感じ取ることができます。

筋腫って、私の心の叫びの肩代わりなのかな・・・。

思えば、結婚してから1年目2年目と、子宮はきれいなものでした。
検査の結果ではちゃんと排卵もしているし、妊娠にも何も障害はないと太鼓判を押してもらっていました。

でも2年間の妊娠へのプレッシャーを受けながらの生活は過酷でした。
結婚を後悔したこともあります。旅行に行くたびに「子作り」の様子を聞かれ、もうどこにも出かけたくない!と思ったこともありました。
毎月の生理がくると泣いてました。妊娠してないことが分かるからです。
「今月もできてないのね(赤ちゃんが)」という言葉に傷つき、その言葉を耳にするのが怖くて、電話恐怖症になりました。今でも電話はすごく苦手で、電話がなるとパニックになります。

主婦の引きこもりに半分なりかけ(というかほとんどなっていた時期もあります)、そんな2年間を送った結婚3年目に、めでたく筋腫懐妊。
またもや泣きましたよ。ある医者はいきなり全摘だというし。

筋腫はきっと、女性であれば誰にでも芽は存在するのだと思います。小さな小さなじゃがいもの芽みたいなものは、誰にでもあるらしいと聞いたことがあります。
どういうタイミングで大きくなってしまうか、が問題なのだろうと思います。

あらゆる原因の中のひとつ。
心の状態がこの時期飛びぬけて不安定でした。
毎日が、泣きたくて叫びたくてどうにかしたい日々でしたから、どんな病気になってもおかしくない状態だったと思います。

その時に、その思いを一手に引き受けてくれたのが、私の場合「子宮筋腫」だったのだと思います。

他の場所でもない。子宮。それにも意味があったのように思います。
赤ちゃんが欲しくてもできない。
でもできなくて悲しいという気持ちだけでなく、本心を今ここで明かせば、本当に私は今あかちゃんが欲しいのだろうかという複雑な思い。 今でも自分の子どもは欲しいです。 でも家系とか跡とりとか○○家の血とかそういう枠にはめられるのなら、欲しくないと思ったのも事実です。

きっと授かれば天に昇るほどの幸福感に満ち溢れ、生まれれば周りプレッシャーなどどうでもよくなり、我が子を育てるためにもっと強くなるのだろうと想像できます。

でも心に沈んだ重い石はとれないまま、今に至ります。
そんな私の心の重い石が、この筋腫なのかな~と思うのです。

科学的根拠の全くない話です。
でも私が実体感したことは真実です。

筋腫の治療法がいまだ手術以外に確立していないのは、心の反映に目を向けることがないからかもしれませんね。

だからといって、心をどうにかするってまた難しいものです。
誰かの何かの力を借りるとしても、結局は自分と自身とどう向き合い、そして解決していくかなのですから。

ここまできたら必死に向き合います。
それしか治療法はないような気がします。

応援ケアも大切な仲間ですからね。
今までのように、日々のケアを大切に、まずは、心の石=筋腫(私の場合ですよ!!)がふにゃにゃ~と柔らかくなるようにしていこうかと思っています。

心を柔らかく。
それが今私に一番必要なことなのかも。


森昌子さんも、離婚やお父様の死、事務所設立、歌手再出発など、心の叫びをずっと抱えていらっしゃったのかも知れませんね。
「無理しすぎた。もう無理しません」という言葉が印象的でした。

無理せず頑張りすぎず、これからも素敵な歌声をたくさん聞かせてほしいです。





pua honey猫と雑記のブログ《Allhealの森》



スポンサーサイト

Navigations, etc.

Navigations

ケアルーム 

リハビリエクササイズ「BODY BASE(ボディーバーズ)」 乳がん手術後の傷の回復を早め、心身の治癒を高める“リハビリエクササイズ”のDVDです
リンパ浮腫の予防のためにもぜひどうぞ!

購入ご希望の方はpuahoneyまでご連絡ください

アロマとびわの葉のpuahoney_style ケアルーム(申し訳ありません只今休業中です)

平日週2~3日のみの自宅の1室を利用した小さなケアルームです
ゆったりほっこりしていただける空間を提供いたします
ティータイムを過ごす感覚でいらしてください♪(女性限定です☆)

アロマの香りと力で・・・・ゆったり 
びわの葉温熱療法の体験で・・・・ほっこり
ヒバの桶で足湯なんかも・・・・まったり
足浴の画像→★★


「ケアルームについて」
メニュー表

ご予約・お問い合わせ
オープン日及び予約状況

アロマセラピーについて
びわの葉温熱療法について

プロフィール

pua honey

Author:pua honey
英国IFA認定アロマセラピスト
ARTQ認定妊産婦ケアマスター
びわの葉温熱療法指導員

乳がん&甲状腺がんのダブルキャンサーサバイバーで、超デカ筋腫持ちです。

このブログでは心と身体と暮らしについてのケア方法や体験を綴っていきます

好き♪♪
猫・馬・海・イルカ・温泉・旅行
ぼーっとする

プライベートブログAllhealの森

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最近の記事

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター

管理者ページ


FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。