Articles

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

更年期障害という診断でした

7月4日(金)に、ボランティアを休んで待望の初診を受けてきました。

自由診療なのだけど、初診までは1か月半は待つと聞いていたけど、FAXで受診票を送ってから1週間後に病院から連絡。
そして診察日はその3週間後となり、案外早く見てもらえるわラッキー♪と思ったのですが。。。

3万円は高すぎました(泣)
ま、でも世の中こんなもんですよ。(強がり)

今までの病歴や今の症状など5枚にわたって時間かけて作ったのは、あまり意味がなかったです。
ざっとみて(声に出しても読んでたけど)、特にそのあとの問診はなく「更年期でしょう」

更年期の症状もあることは分かっています。
乳がんのホルモン治療で一度経験しているし。
またその時とは違う症状がでてもおかしくはないとも思っているけど、あまりにも痛みが強かったり、様々な種類の痛み、そして強い疲労感など、更年期症状に似ているけどなんか違う。。。。という違和感があったから、ちゃんと診てもらいたかったのに・・・・。

すべての症状は更年期だからですか?
と聞いたら「そうです」。
そしてご自身の更年期の大変さを訥々とお話になり、「それはそれはひどかったけど這ってでも仕事に行った」とか、「漢方薬を飲んで楽になった2時間に集中して仕事をした」とか、更年期なんだからそれくらいがんばりなさいよ、といわんばかりでした。

私だって頑張るよ。
がんばってきたし。

でも更年期治療で効果のあるといわれているホルモン治療はできないから、
せめてもっとちゃんとアドバイスしてほしかったわーーー。

今はどんな症状があるとか、どのくらい痛いとか、事前に書いた問診票があるからかもしれないけど、普通はそれを元にか会話があるでしょ。ふつーーは。


更年期障害(症状は状態が軽い時、重い時は障害になるそうです)じゃダメだっていうんじゃないんです。
他の病名を付けてほしい、病人になりたいわけじゃないけど、どうにもあの診察はおおざっぱすぎて、自由診療といえども納得いきませんでした。

診察で触れたのは、首のリンパ、お腹(わーーー大きい!と筋腫ちゃんにびっくりされたのでほとんど触らず)のみ。
そして聴診器で胸の音を聴いておわり。

これだけ痛いのだから、「繊維筋痛症」の可能性はないですかと聞こうと思ったけど、その方面でも詳しいはずの先生なので、自分から言わないというのは違うと否定されるだろうと思い、何も聞きませんでした。
でもちゃんと聞いた方がよかったのかな。
なんだか落ち込みそうだったし、待ち時間も長くてかなり辛くてもう帰りたい状態だったので、「もういいや##」と思ってしまったんです。

ムズムズ脚症候群のこともスルーされそうになったので、これは自分から「夜よく眠れない」といったら、「でも日中はないんでしょ?」と勝手に決めるんですよ。
これだって、どの程度ムズムズするかとか色々聞くことあるでしょ。ふつーは。

「日中も、電車に乗っているときなんかよくムズムズしてくる」と言ったら、じゃぁくすり出してもいいけど。って^^;
副作用なんかの説明も一切なく(薬剤師が言えばいいと思っているのか)、出してあげるオーラでもう嫌になりました。

検査等は、同じ月にやると自由診療とみなされて自費払いになるので、来月にまた予約をとりました。
でも先生は違う先生です。
違う先生の方がもっとちゃんと見てくれたりして。。。。(爆)


長くなってしまったので、薬を飲んでからのことはまた別に書くことにします。


相変わらず痛いです。
痺れも強いし。。。。。


暑いし。
ってこれは夏だからしょうがないね(汗)


スポンサーサイト

更年期 関節から始まる

1か月も更新をさぼってしまいました。

この1か月は、体調はまれにどどーんと落ち込むことはありましたが、
ほとんど順調と言っても良い日々だったと思います。

腱鞘炎と指の関節炎をぬかせば。。。。

腱鞘炎(私の場合はドゥケルバン腱鞘炎です)はすっかり居座ってしまったようで、
発症してから4か月弱となってしまいました。

過去に何度もステロイド注射を打って治療したので、
腱が弱くなってしまったのでしょうか?
(実際ステロイドを使いすぎるとそうなるらしいです)

こんなに長引いたのは初めてです。なんとも不自由だし、気を抜いて使っていると激痛が走り、
手首の骨がずれたりするので元の位置に戻るまで涙がちょちょぎれます(;_:)

加えて左薬指の第二関節が腫れてしまい、痛みもあるのですが指輪をはめることができません。

プールに行ったときに外すして以来、もうずっと独身です(違うか^^;)

この指の関節に至っては、変形性関節症のひとつである「ブシャール結節」であることはわかっています。
これは、以前右手の中指で経験しています。

この時は、整形外科でレントゲンを撮り、第二関節の腫れと痛みということでリウマチを疑われ検査してもらいました。
結果は白。
リウマチではなく、ブシャール結節であろうという診断。

原因は?の質問に医師は、「加齢」と簡単にそしてそっけなく言ったけど、
まだその時は結婚したばかりだったので(それでも)30代前半でした。


今思うと、ちょうど子宮筋腫ができたり、父が亡くなったり、母が入院したりと続いたので、
(そのあとすぐ乳がん、甲状腺がん発症)女性ホルモンのバランスも乱れまくっていたと思います。

加齢というよりも、女性ホルモンのせいだと言いたいわけです。


でも今回の腱鞘炎や関節炎は、女性ホルモンの影響も大ではあるけど、
加齢による、という注釈がついても仕方ないのかもしれないな~とは仕方なくですが、思っています^^;。

今年46歳になるので、更年期に片足突っ込んできているわけですから。

まだまだ本格的な更年期症状がでて困るということはありませんが、
じわじわと体の変化を感じているのは確かです。

乳がん治療の副作用で、ひどい更年期症状を経験している身ですから、
これから起こるであろう症状への心構えはできています。
この時もやはり関節が痛くて仕方ありませんでしたし。

できるだけ穏やかにそして最小限に症状を治めるために、色々と工夫をしていきたいと思いますが、
あまり更年期を意識しすぎずに日々を過ごしていければと思っています。
でもきっと生活環境もぐっと変わる年代でもあるので(親たちがより高齢になるとか)、
精神的な変化や負担をどう対処するかも大事になるかもしれませんね。

ということで、新しく「更年期」のカテゴリーも設けました。
更年期ネタでも、内容によっては「食」「からだ」「こころ」などの別カテゴリーに記載することもあるかもしれませんが、私の更年期症状の経過についてはだいたいこのカテゴリーに入れていこうと思います。


あーそれにしても手は1日中動かしている場所なので、この部位が痛いって不自由極まりないです。



Navigations, etc.

Navigations

ケアルーム 

リハビリエクササイズ「BODY BASE(ボディーバーズ)」 乳がん手術後の傷の回復を早め、心身の治癒を高める“リハビリエクササイズ”のDVDです
リンパ浮腫の予防のためにもぜひどうぞ!

購入ご希望の方はpuahoneyまでご連絡ください

アロマとびわの葉のpuahoney_style ケアルーム(申し訳ありません只今休業中です)

平日週2~3日のみの自宅の1室を利用した小さなケアルームです
ゆったりほっこりしていただける空間を提供いたします
ティータイムを過ごす感覚でいらしてください♪(女性限定です☆)

アロマの香りと力で・・・・ゆったり 
びわの葉温熱療法の体験で・・・・ほっこり
ヒバの桶で足湯なんかも・・・・まったり
足浴の画像→★★


「ケアルームについて」
メニュー表

ご予約・お問い合わせ
オープン日及び予約状況

アロマセラピーについて
びわの葉温熱療法について

プロフィール

pua honey

Author:pua honey
英国IFA認定アロマセラピスト
ARTQ認定妊産婦ケアマスター
びわの葉温熱療法指導員

乳がん&甲状腺がんのダブルキャンサーサバイバーで、超デカ筋腫持ちです。

このブログでは心と身体と暮らしについてのケア方法や体験を綴っていきます

好き♪♪
猫・馬・海・イルカ・温泉・旅行
ぼーっとする

プライベートブログAllhealの森

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最近の記事

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター

管理者ページ


FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。