Articles

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

卵管がひっこんだ

3月に入ってから、股間じゃなくて、そけいヘルニアで出てきていた「卵管」が触れなくなったのに気が付きました。

あれ?いつからだろう?

今年に入ってからなんだかんだとやることが積もっていて、
あまりきにしていなかったので、いつから引っ込んだのか定かではありません。

昨年末はまだ気にしていたので、卵管が出ていたのは確かなのですが・・・。


なぜ突然引っ込んだのでしょうか?
特別何をしたわけでもないのです。


冬に実践してきた身体のケアとしては、靴下の重ね履きをして足を絶対に冷やさないようにしたことくらいです。

靴下の重ね履きは気に入ってます。
でも(しつこいけど)、足裏の解毒とかびっくりするほど重ねるとか、そういうのは無しです。
冷え取りの本は、読んでいてあまり好きになれないこともたくさん書いてあるので、
よく言われている「冷え取り」ではなく「冷やさないようにする」という方向でやっています。

冷えはとるものではないですよ。
とれないし。


卵管が引っ込んだ一番の理由として思い当たるのは、
「身体をたくさん動かしたこと」かなと思っています。

昨年末に猫の保護団体さんとご縁があり、今年にはいってからボランティアに行くようになりました。

今は週に2回行ってますが、これがまぁ大変なんです。
たくさんの猫さん達のお世話をしていると、屈伸運動、両腕の上下左右運動、階段の上り下り、
狭い場所での作業は身体をひねったりよじったり、と身体中のあちこちを動かします。

朝9時半から夕方まで頑張ります。
途中10分ほど休憩を入れるくらいで、ほとんどノンストップです。

でも楽しいんですよ。
猫さん達と一緒だと本当に幸せだし。
この子たちのために!と思うと、身体が動いてしまうんですね。


こんな風に書いていると、身体を動かしていることに加え、
懸命に一心不乱に何かをする、というそういう心のあり方のようなものも影響しているのだろうか・・・と思ってしまいました。

猫たちが待っていると思うと、風邪なんか引いてられないとばかりに、
母や夫がインフルエンザになったときも私は大丈夫でした。

週に2回ボランティアに行く時間を作るために、日々の暮らし方もメリハリがつき、行動も以前より機敏になったような気がします。

胃痛をおこさないように食べる量や質にも気を配るようになりました。


なによりも、気持ちの張りがでてきましたよ。


身体のケアだけじゃいまいち不調だったのが、今はかなり元気になりました。

現金なものですね~。
でもこれが人間らしいというべきか、そんなものなのかも。


卵管が引っ込んだのは、こうしたさまざまな要因が重なってのことだと思います。

変なところに引っ込んでる様子はないようです。
痛みや違和感はまったくないですから。

あるべきところに収まっていてくれて本当に助かりました。
また手術かーーーと少し憂鬱でしたから。

引っ込んでしまえば病院行ってみてもらう必要もないし、
ましてや手術する必要もないし。


やっぱり身体も心も、自分で動かすべしなんです。
そうなんです。
心も動かすべしなんです。


あ、そうだ。
あと脳も動かすというか使わないとね。

(更年期って本当に物忘れが激しいわ~~^^;)



スポンサーサイト

悪循環を断ち切る

新年の挨拶を張り切ってアップしたのに、またもや広告がでてしまいました。
放置に慣れるとどうもさぼり癖もついてしまいます・・。


昨年末から、いやもっと前からですね。
ちょうどブログが滞った10月くらいから、甘いものやめられない症候群に陥ってました。

一番ひどかったのが12月から1月にかけて。

寒くなってくると甘いものが他の季節よりも食べたくなりません?
そういう人多いと思うのですが、私もそうです(といいながら一年中だったりするけど)。

それに12月1月はイベントが多いし。

そんなこんなで、間食の回数も多いし、その内容はひどすぎるものでした。

これではいけないと思っていても、やめられないときって何やっても駄目なんですよね。

でもやめられるときは、何かがきっかけとなって、すーーーっと甘いもの欲求が引くんです。


今回はこれかな。

きっかけになったのは、猫ちゃんの保護団体「アニマルエイド」さんへのボランティア参加です。

シェルターお世話(猫トイレや部屋の掃除、猫さん達のお世話もろもろ)は大変ですけど、でも楽しいです。
まだ2回しか参加していませんが、それでも行くときは万全の体調で行きたいと思っていたら、
自然と間食が減っていきました。

食べずにいられないときって、精神的にも少しおかしくなってます。
そして食べ過ぎると身体の不調が出てきます。
身体の不調が続くと、気持ちもどんどん沈みます。

悪循環です。。
もう今までに何度も経験してきたのですが、一度陥るとなかなか断ち切ることは難しいです。
それもよーくわかっているので、今回のようなきっかけがなかったらまだ食べ続けていたかも。

間食が減るととたんに体調がよくなってきて、この先もボランティアを続ける自信もでてきました。

3月からは毎週金曜日に行こうと思っています。
たかが1週間に1回ですけどね。
でも続けられなければ意味がないと思っているので、まずは1週間に1回です。


春も心身の変調をきたしやすい季節ですが、
このままなんとかボランティアを続けられるように、気を付けていきたいです。

本当は、自分でコントロールできるようにならなくてはいけないんですけどね。
きっかけを待っていたっていつ訪れるのかわからないわけだし。
今回はありがたいことに出会いがあったのでよかったですけど。


やっぱり、何かの誰かの役に立とうと思い、そして動くことが、
心身のバランスを整えるのに一番いいのかな~。


籠ってばかりじゃだめですね。


快適ですよ。冷え取り靴下

冷え取り靴下をはき始めてから、まだ日は浅いですが、快適さにびっくりしてます。

どんなに暑い日でも蒸れる感じはしないし、ぬくぬく~っという暖かさで気持ちいいです。
とはいっても、まだ重ねている枚数も少ないし、夜寝ているときは知らない間に脱いじゃってます^^;

時々起きているときでも無意識に靴下脱いでる時もあるんですよ。。。。
脚のセンサーが「今は暖かいから脱げ!」と信号を送っているみたいに、ほんと、無意識にです。
脱いでしばらくたってから「あれ?わたし脱いでる」ってな感じなので、困ってしまいます。

もっとちゃんと身体から余分な冷えも毒素も抜けたら、脱いだりしなくなるものなんでしょうか。
それも合わせて今後も靴下の重ね履きを続けていこうと思います。

どうなるのかな~。

思った以上に快適だったので、本格的に一枚ずつ重ねていく用の靴下も購入しようかなと思っています。
これからの季節、もっと必要になるだろうしね。
今日も日中は日差しが暑かったけど、夕方になった今は眠くなりそうなくらい涼しい風に変わっています。
涼しくなってくるとあっという間に寒くなるから気をつけないといけません。


今日は久しぶりに、夜はゆっくりお風呂で半身浴をしようと思っています。
この週末は夫が突然入院することになったので、のんびりお風呂につかる時間もとれず、そしてずっと毎日続けていた合掌がっせきの運動も二日間途絶えてしまいました。

あー残念。

まぁでもまた続けていけばいいです。
色々あるのが人生ですから。


靴下の重ね履きした時に履く靴を用意しなくてはいけないな~と思っていたら、ちょうどいいのが見つかりました。
明日紹介しますね。


夫が入院している間こそ、しっかり体調管理していかなくちゃ。

まだいつになるかわからないけど、元気に退院する夫を、私も元気に迎えたいと思います。


唾液は最高の解毒

「よく噛んでたべなさい」とこどものころよく言われました。

今は私が夫に「よく噛んでね」と言い、そう言っておきながらつい自分も忘れてしまいがちになるので、できるだけ意識して良く噛むようにしています。
あまり意識しすぎると美味しくない、という人がいますが、私はそんなことはないと思っています。
良く噛めば噛むほどやっぱり美味しい。
何回噛まなくては、と数字ばかり気にしていてはそれは美味しくないかもしれませんけど。
あとは、「のど越し」が大事!というものもありますので、そういう時はそれを優先することもありかと思います。たまのたまにですけど。

現代人は、柔らかい物ばかりを食べるから噛む回数が少ないと言われますが、ともすると良く噛まなくては飲み込めないものまでも噛まずに食べて、胃腸に負担をかけているということは結構あるんではないかと思うのですが。。。。

よぉく噛んで出てくる唾液は、さまざまな効果を生み出すと言われています。

「脳が活発化する」「体内の毒素を抑制する」「有害物質を解毒する」などなど・・・。

もともと体内に入ってくる有害物質は肝臓で解毒し排出されますし、腸では免疫力によって細菌やウイルス、そして毒素などを取り除く働きがあります。

でも添加物を含むものを体内に取り入れたり、たとえ有機野菜や無添加のものでも食べ過ぎたりしていたら、肝臓や腸の働きはぐっと低下し、排出しなければならない毒素や余分な排泄物を外に出せずにたまっていきます。
ただ、肝臓や腎臓などは生命維持にとっても大事な臓器です。そこにためておくわけにはいかず、最終的に余計なものは生殖器にためてしまうことがあると聞きました。
子宮などためておくにはもってこいの場所かもしれません。それに取ってしまっても命に別状はないわけですから、身体が「ひとまずここに置いておこう」と考えるのもうなづけます。

でもやっぱり子宮に限らず、体のどの部分もとっても大事です。
これから赤ちゃんを産んで育てる世代の女性には、子宮は大事に大事にしてもらいたいと、私は声を大にして伝えたいです。
私はこれから子を授かることはほとんど考えていませんが(奇跡ともいえることが起きれば受け入れます。いくつになろうとも、もちろん!)、でもそれでも、この子宮と子宮にできた筋腫もろとも簡単に取り去ることはできません。

あ、唾液と解毒の話でした。思いっきりそれてしまいました・・・^^;

よく噛んで出てくる唾液(刺激唾液というそうです)が体の解毒効果を高めてくれるのなら、これを活用しない手はありません。
ただで、美味しいものをもっと美味しく食べながら、体の中をきれいにしてくれるのですから。

子宮筋腫は冷えと食べ過ぎが大きな原因と言います。もちろんエストロゲンの影響も大ですが、それすら冷えと食べ方を変えるだけでバランスが整ってくることも多いようです。(絶対ではないことを付け足しておきます)

自分自身の身体を考えると、冷えと食べ過ぎ(食の質も)の原因はまた様々なので、病気の発端は何かというのは複合的なのですが、それでも突き詰めるとここにぶち当たるというのは感じます。

精神的に打ちのめされているときは、身体は冷えます。身体をケアしないということもあるでしょうし、また不安や恐れや悲しみの感情によって、臓器の機能も衰えますし血流も悪くなります。結果冷えます。
食もいい加減になれば、出来合いのものや外食が増えたり、お菓子のような甘いものばかりに走ったり、ドカ食いしてしまったり。結果毒素もたまり、冷えにもつながります。(また微妙に話がそれてるし・・・)

身体の中と外と同時にケアしなくては、悪い部分を治していくことは無理です。

ゆっくりとよく噛むことは、唾液の解毒作用によって身体の中をきれいに保ち、そして食に感謝することにもつながります。

まずはそれが身体の中からのケアの一歩は始まると思います。

どんなものを食するのかも大事ですが、感謝しながらよく噛むだけで少しずつ食に対する意識も変わります。
無農薬がいいとか有機野菜がいいと言って食べても、噛まずに感謝もなしにでは身体の変化は乏しいものだと思います。
反対に、お昼はいつもコンビニのお弁当になってしまうとしても、ここに感謝とよく噛むことが備わっていれば、ただお腹を満たす食べ方よりもずっと身体は喜ぶでしょう。

私の祖母は101歳で、歯が一本もありませんが、普通に炊いたごはんを食べています。
おかずも特別にとろとろに柔らかくしなくても食べています。

もちろん大きいままでは無理なので、母が小さく切ってあげますが、キムチもアジのフライもチャーハンも大好きで、モグモグ食べています。
すごく時間をかけてモグモグモグモグ・・・・・。
だからでしょうか、全くぼけていませんし、記憶力は抜群です。
おやつも大好きなかっぱえびせんやケーキも食べます。時間をかけてもぐもぐもぐもぐ・・・・。

元々胃腸が丈夫なのもあるのでしょうが、やはりよく噛むという行為が祖母の身体を支えているのも事実だと思います。


とにかく今は身体の浄化(毒素の排出と血流を良くすること)を今までよりもずっとずっと高めることが必要であると自覚して、日々過ごしています。

少食にしてよく噛むこと。
口に入るものも気をつけますが、食べるときの感謝を忘れないこと。

このふたつ。絶対です。



身体の外からのケアも、また試したいものがあって取り寄せました。

明日そのうちの一つが来ます。

また来たら紹介します。



身体からのシグナル

暑中お見舞い申し上げます。


毎日暑いですね。
今日は雨が降った後、いくらか涼しくなったのでエアコンも扇風機もつけずに過ごせています。


ただでさえ暑くてぐったりしている毎日なのに、体からのシグナルに気力も萎えそうです。

気になる部位に気になるしこりをみつけました。
まだちいさいですが、妙な場所なので検査を受けて結果がでるまで安心できません。

「脂肪のかたまり」とか「良性のしこり」だったらいいのだけど・・・。


もうすぐがんセンターの定期検診に行くので、その時に主治医に相談してみようと思います。
いつもしてもらうエコーでその気になる部位まで撮るので、ある程度は検討がつくのではと思っています。

もし悪性の可能性がありそうだったら、ほかの科に紹介してもらってそこで細かく調べてもらおうと思っています。


どうも食生活も乱れがちでした。
間食がどうしても多くなってしまっていたし、デカフェならとインスタントのコーヒーも結構飲んでいました。
お野菜、豆、海草が中心の食事ではありましたが、一番肝心な「心」はいつもめげていたような気がします。


ある人の言葉にずっと翻弄され続け、それがしこりになって現れたような気がしないでもないです。

誤解のないように言って置きますが、その、ある人が悪いとかその人のせいというのではなく、私が振り回されてしまうというところに問題があるのだと思っています。

要は、自分で作り出したしこりということです。


結果がでるまでは、身体のケアを見直してできることをしたら後はのほほんと過ごしていようと思います。

ある人の言った言葉は思い出さないようにして、もし思い出したらその人の健康を祈ってみようと思います。


そして、ちゃんとシグナルをだしてくれた私の身体に「感謝!」




Navigations, etc.

Navigations

ケアルーム 

リハビリエクササイズ「BODY BASE(ボディーバーズ)」 乳がん手術後の傷の回復を早め、心身の治癒を高める“リハビリエクササイズ”のDVDです
リンパ浮腫の予防のためにもぜひどうぞ!

購入ご希望の方はpuahoneyまでご連絡ください

アロマとびわの葉のpuahoney_style ケアルーム(申し訳ありません只今休業中です)

平日週2~3日のみの自宅の1室を利用した小さなケアルームです
ゆったりほっこりしていただける空間を提供いたします
ティータイムを過ごす感覚でいらしてください♪(女性限定です☆)

アロマの香りと力で・・・・ゆったり 
びわの葉温熱療法の体験で・・・・ほっこり
ヒバの桶で足湯なんかも・・・・まったり
足浴の画像→★★


「ケアルームについて」
メニュー表

ご予約・お問い合わせ
オープン日及び予約状況

アロマセラピーについて
びわの葉温熱療法について

プロフィール

pua honey

Author:pua honey
英国IFA認定アロマセラピスト
ARTQ認定妊産婦ケアマスター
びわの葉温熱療法指導員

乳がん&甲状腺がんのダブルキャンサーサバイバーで、超デカ筋腫持ちです。

このブログでは心と身体と暮らしについてのケア方法や体験を綴っていきます

好き♪♪
猫・馬・海・イルカ・温泉・旅行
ぼーっとする

プライベートブログAllhealの森

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最近の記事

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター

管理者ページ


FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。