Articles

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

プロセス

老老介護をしている母(78歳・祖母98歳)の介護はまだ少し先になりそうだが(これとて未来のことはわからないが)、いつお迎えが来てもおかしくない年齢の祖母の面倒を見ている母と叔母の生活に少し足を踏み入れただけでも、介護とは本当に大変なものだと身につまされる。

ましてや在宅ともなると、「ストレスをためないように」などといっても、そう簡単には切り変えられないものだ。 更に祖母は頭がしっかりしている分、口も達者なので、母も叔母も「年だから・・・」とわかっているもののやっぱり割り切れないものがあるようで・・・・。

100歳に近い祖母の心情とはどのようなものなのか。

死期を悟った高齢者は、不公平感から怒りを経て、受容へ達する3段階の気持ちの変化をたどるらしい。
祖母は今どこの段階にきているのだろうか。

どの段階にも少しずつ感情を置いているような気がする。

がんに罹患したとき、がん患者はやはり同じようなプロセス(3段階ではなくもっとある)をたどり、最終的にはがんであることを受容するというマニュアルを見たが、必ずしも皆スムーズに感情が移行されているわけではないことは周知の通りである。(マニュアル通りと思う人も少なくないかもしれないが)

不公平感から一気に受容へといったかと思いきや、怒りに変わりそしてまた不公平感に戻る場合もある。
行きつ戻りつ、身体の変化や環境の変化や周りの人との関係性によって、それは変わっていくのである。

もちろんすんなりマニュアル通りに変化していく人もいるだろう。 それが本当に自分に対して嘘のない感情であれば、特別問題ではない。
ただ、「そうなるべき」と生真面目に受け取ってしまったり、あるいは周りに迷惑をかけたくないばかりに、無理に感情を抑えてしまっているような場合、後に鬱になったり新たなる病気を発症してしまう可能性もあるから要注意だ。


セラピストとしての活動を外に向けて行っていた時(今はお休みです・・・)、本当の意味で相手の内部を見つめることができていなかった、と今になってわかる。
いや、できていないとわかっていた。分かっていないとわかっていながら、わかっているような気がしていただけだ。

それよりも、自分がセラピストとして何かをしたい。やってあげたい。役に立ちたい。やらないではおれない。そういった気持の方が強かった。

その気持ちがいけないのではなく、それが強すぎて相手の内なるものを見つめる力を邪魔していたのだ。
ここにもプロセスがある。
自分がこうしたい!という気持ちを越えると、今まで見えなかったものが見えてくる。

セラピストの資格を取ったばかりの時、喜んでもらいたい一心で祖母にアロマトリートメントをした。
私がアロマのケアをすることで、きっと祖母は長生きする(もうすでに長生きだけど・・・^^;)。もっと元気になる。そう思っていた。

実際祖母は喜んでくれた。
「あーーー気持ちいいね~。」と、頬をピンクに染めて。

ただ、トリートメント受けたいと思う日ばかりではなかっただろう。それでも孫が喜ぶから断ったら悪いという気持ちで受けた時もあったと想像する。
あるいはアロマを薬変わりになると思い、これさえやれば楽になれると思うこともあるかもしれない(そうではないと再三いってはいるが)

最近は、自分の欲求を横に置き、祖母の感情は今どのプロセスたどっているのかを、まっ先に見つめるようになった。

喜んでもらえるということがなくてはもちろんだめだが、はたして彼女の身体もアロマトリートメントを欲しているのだろうか。 
申し訳ないという気持ちはないだろうか。
人からしてもらうということを、今素直に受け入れられる気持ちだろうか。
etc・・・・・


それでは介護者のプロセスはどうなんだろうか。

どうして自分はこういう役割なんだろう・・・と不公平感を持ち、
どうして自分ばっかりが大変な思いをするのだろう・・・と怒り、
でも誰もが介護される側になるのだから・・・と受容する。

これにプラスαの段階もあるかもしれないが、最後は受容になるのだろうか。

そうとも言い切れない。

被介護者が亡くなるまで不公平感や怒りを抱えたままである人もいるだろうし、悲壮感覆われたまま追いつめられる人も少なくないだろう。
介護疲れで思いつめてしまうことは、介護する人皆にある可能性だと思っていてもおかしくはない。

こう考えると、介護者のプロセスは容易に段階分けできないような気がする。
特に亡き祖父を独りで面倒みた叔母をみていてそう思う。

優しい気持ちだけでは乗り切れないのが介護。
美談として語れるのは、介護が終了した人。
まさに渦中の介護者たちは、決められたプロセスもふっ飛ばすほどのものを背負っているといっても過言ではないと思っている。

終わりがない。という言葉をよく聞く。
壮絶な介護の中には、いつ終わるのかという本音も思わずこぼれてくる。

終わりというと語弊があるけど、区切りは絶対に訪れる。

受容をもって終わりではない。
自己満足で終わりではない。

でもそこに区切りはある。

そこから先、どう生きていくか。
何に向き合って生きていくか。

被介護者も介護者も、プロセスをどうアレンジするかはその人次第なのだ。
また、そのプロセスの中の何かを超えるたび、人は向き合うものが見えてくるのかもしれない。




pua honeyプライベートブログ《Allhealの森》




スポンサーサイト

介護の現状

先日、民放では珍しいとされるドキュメンタリーの番組をみました。

俳優の長門裕之さんと、妻であり女優の南田洋子さんが認知症になった姿を撮ったものでした。

私の母よりも年下なのに、以前よりかなり痩せてしまい認知症特有の症状の出ている南田さんを見ていると、少し辛い気持ちになりました。

老いていくのはみな平等だけど、老い方は様々です。
たとえどのような形で老いていくにしても、やはり生きて在る限り人として尊厳されるべきだし、介護される方もする方も、この尊厳ある生き方ができる社会であるべきだと強く感じます。

実家の母とこの番組の話をしている時、祖母がボケてきたという話題になりました。
祖母は98歳という年齢ですし、認知症ではないので老化によるボケですが、それでも介護をしている母のストレスは日に日に強くなってきているのがわかります。
(また祖母はとーーっても頑固でわがままなので・・・・)

もし認知症を患ったら老老介護ということもあり、きっと自宅での介護はとても難しくなると思います。

在宅での介護は理想ですし、希望する皆がそうすることができる世の中になれば、どんなにか素晴らしいことかと思います。

でも現実は・・・・。

京都で、50代の男性が、認知症の母親を殺し無理心中をした事件がありました。

母親の症状が悪化したため、昼間の仕事を辞め介護に専念するも生活保護も断わられ、救いのない状況の中「死」を決意したそうです。

母親の介護をしながら懸命に両立できる仕事を探し、デイケアを利用しても介護負担が減らない彼を、どうして助けてあげられる制度がないのか。

男性と母親の会話にあふれる愛情を感じました。
それなのに親に手をかけなくてはならないほど追いつめられてしまうとは、何と無情な国なのか。

男性が母親に手をかけるまでのいきさつから、その後判決に至るまでの動画があります。
切なくて涙があふれてきました→温情判決

カップめんは400円位?と言っているわが国の首相に、この動画を見てほしいと思いました。

長門さんも奥さまのお世話をされて大変そうでしたが、お手伝いさんやマネージャーの方の協力も得ることができるため、お仕事を続けていかれるのでしょう。
夜はおひとりで看られる時はさすがに厳しいとは思いますが。。。。

介護を継続していくためにはお金は必要です。
そのお金をねん出するためには働かなくてはならない。
でも協力してみてくれる家族などがいなければ、仕事を辞めざるをえない場合もある。
そういう状況の中でどうにも身動きできずにいる人もたくさんいるはずです。

介護保険の利用はどこまで介護を楽にしてくれるのでしょうか?

にっちもさっちもいかない人を救うために、この国の福祉はどこまで動いてくれるのでしょうか?

訪問介護や介護施設で働く現場の方々もみな一生懸命に働いているにもかかわらず報酬は低く、職種における差別を感じることさえあります。(報酬の見直しはやっとされてきているようですが・・)

命はみな平等のはず。
その命を守る国であってほしいし、あらねばならないと思うのです。

アメリカは新大統領のオバマ氏に期待をかけています。

我が国日本の期待はどこにかければいいのだろうか・・・・・・?




pua honeyプライベートブログ《Allhealの森》




祖母の反応はいかに

わざわざ報告することでもないかな・・・と思いつつ。

7月22日に祖母のショートステイが実現するかどうか、などと大それたタイトルで書いたのだけど、
結果を先に言うと、祖母はショートステイが楽しみになってしまいました。

ショートステイを祖母はどうも誤解をしていたようです。
ずっとそこで暮らしていくのだとおもっていたようなのです。

でも、ちょっと泊まりが必要なときだけよ、というとあっさりOKがでたのでした。

施設の充実ぶりが気に入ったようです。
そして今は行くのがちょっと楽しみでもあるようで、洋服や寝巻きの良いのをそろえないと、と張り切っています。

更に、今まで人にやらせていたことまでも、自ら進んでやるようになったと、母も叔母も驚いています。

週2回来て下さっている、理学療法士の先生もびっくりされるに違いありません。
色々な理由をつけては練習をサボりたがる祖母には、いい加減うんざりされていたと思います。
(でもいつも辛抱強くリハビリしてくださっています)

やはり、いくつになっても、ワクワクすることや楽しみなことがあると、気持ちも身体も元気になってしまうものなんですね。

祖母の変貌振りをみて、些細なきっかけが大きな希望につながったことを、心から嬉しく思います。

9月の敬老の日には、ショートステイ用の洋服か寝巻きをプレゼントしようと思います。


pua honeyプライベートブログ《Allhealの森》


祖母のショートステイは実現するか

先日、母と叔母達と都内にある、高齢者用のショートステイ施設を見学に行ってきました。

この夏オープンしたばかりの新しい施設です。

新しい匂いがする~~!!

どこもかしこもピカピカで気持ちがいい~!!

でもすでに利用されている方は大勢いらっしゃるようで、
ちょうど昼時であったためか、たくさんの方が各フロアの食堂でお食事していらっしゃいました。

館内に使われている机や椅子などはすべて温かみのある木です。
わざわざ飛騨高山から取り寄せたそうです。
一見するとナチュラルカフェのようなつくりで、とってもおしゃれ。

ACTルームといわれる部屋がいくつもあって、
利用目的も「シアタールーム」や「おもちゃ箱(将棋やゲーム・習字など)」、
「ミュージック」や「美容と健康(訪問理美容・ネイルケア)」、
「カラオケルーム」や「図書室」
など、ずっと泊まっていても飽きないくらいそろっています。
(最長ステイは1週間だそうですが・・)

お食事もとてもメニューが豊富で、
お弁当などではなく、館内の厨房で作り、
炊きたてのご飯・焼きたてのパンまで食べられるそうです。

お風呂も様々なタイプがそろっていて、
車椅子のまま入ることができる浴槽もありました。

できる限り普段の生活を変えず、
でもホテルライクの快適さを、というサービスなだけあって、
お値段も結構しますが・・・・。

介護保険はもちろん使いますが、
あまり頻繁に利用するには、懐の温かい人じゃないと厳しいようです。

この施設をまず利用して欲しい祖母は、
「絶対に行きません! そんなとこに行くなら死んだほうがまし」
とごねています。

見学に行った母や叔母達が、
「私達が入りたいわね~。」
「誰かが自宅でお母さんを見ていて、その間にここでのんびりしたいわね~」
という始末。


訪問美容のメニューの中に、
「ハンドマッサージ」なる項目もありました。

アロマオイルを使用するのかどうかは聞きませんでしたが、
たくさんの方が利用してくれているといいな・・・・と思いました。

年をとるごとに、人との触れあいは少なくなります。

触れてくれるのは病院の先生や看護師さんばかりになりかねません。
でもやっぱり人のぬくもりを感じられるスキンシップって、
年齢問わず絶対に、そしてとっても必要で大切なものですよね。

祖母には、私が時々アロマトリートメントするのですが、
とっても気持ちよいといって、大のお気に入りの時間のようです。

この施設でも、トリートメントがあるよといったら少しは気持ちが動いてくれるでしょうか。。。

97歳になった祖母は、自分でトイレなどに行ったりできるものの、
足が悪いため、一度転んだりすると一人で起き上がれません。

かつて夜中にすっころんで声も出せず、朝になるまでずっと倒れたままの状態であったこともあり、
今は長時間一人で留守番させておくことはできません。

母達にももっと自分の時間を持って欲しい。
切に思います。

肉体的にも精神的にも、精魂尽き果てる前に、
自由になる時間を持って休んで欲しい。

私も協力していますが、たくさんの時間を作ってあげることはなかなか難しいです。

祖母の反応がどうだったのか、今夜聞いてみます。

頑固だからな~・・・・・。



pua honeyプライベートブログ《Allhealの森》


Navigations, etc.

Navigations

ケアルーム 

リハビリエクササイズ「BODY BASE(ボディーバーズ)」 乳がん手術後の傷の回復を早め、心身の治癒を高める“リハビリエクササイズ”のDVDです
リンパ浮腫の予防のためにもぜひどうぞ!

購入ご希望の方はpuahoneyまでご連絡ください

アロマとびわの葉のpuahoney_style ケアルーム(申し訳ありません只今休業中です)

平日週2~3日のみの自宅の1室を利用した小さなケアルームです
ゆったりほっこりしていただける空間を提供いたします
ティータイムを過ごす感覚でいらしてください♪(女性限定です☆)

アロマの香りと力で・・・・ゆったり 
びわの葉温熱療法の体験で・・・・ほっこり
ヒバの桶で足湯なんかも・・・・まったり
足浴の画像→★★


「ケアルームについて」
メニュー表

ご予約・お問い合わせ
オープン日及び予約状況

アロマセラピーについて
びわの葉温熱療法について

プロフィール

pua honey

Author:pua honey
英国IFA認定アロマセラピスト
ARTQ認定妊産婦ケアマスター
びわの葉温熱療法指導員

乳がん&甲状腺がんのダブルキャンサーサバイバーで、超デカ筋腫持ちです。

このブログでは心と身体と暮らしについてのケア方法や体験を綴っていきます

好き♪♪
猫・馬・海・イルカ・温泉・旅行
ぼーっとする

プライベートブログAllhealの森

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最近の記事

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター

管理者ページ


FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。