Articles

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

DLM(リンパドレナージュ)教育第一人者のジャック・ド・ミカ氏来日!

リンパドレナージュ(DLM)は今や聞きなれた療法となっていて、浮腫みの療法以外にも美容と健康に役立つ施術として人気も高いのですが、実際に、皮下にたまった体液を回収する能力はリンパ管よりも静脈の方がはるかに高いことがわかっています。

そこで、この回収能力の高い静脈、そしてリンパ管と皮下組織など全体を活性化させ、浮腫の解消を促す「DLM脈管療法=DVTM(Dynamisation Vasculo-Tissulaire Manuelle)」が、フランス・ジャック・ド・ミカ氏率いる研究者グループによって構成・確立されました。(1980年代)

このDVTMは、リンパ浮腫治療及び様々な外科手術後のケア・アンチエイジング・健康・美容など、多岐にわたった分野で適用される、現在最も新しいDLM(リンパドレナージュ)として注目をあびています。

このたび2009年4月29日より6日間、ジャック・ド・ミカ氏が来日し、このDVTMのテクニックを受講生に直接指導する、 『DVTM研修会(フランス語通訳付き)』を開催いたします。

ジャック・ド・ミカ氏の人柄もさることながら、豊富な臨床経験と確立された理論をもとに学べる貴重な機会です。是非お見逃しなく!

◎日程  2009年4月(水)~5月4日(月)(全51時間)
      AM9:00~12:00 PM13:30~18:00(適宜休憩あり)

◎会場  日本DLM技術者会(東京都大田区大森)

◎講師  ジャック・ド・ミカ氏(フランスDLM技術者協会理事長)
      アシスト:木部真知子(ATTESTATION / DLM指定認定医有資格(スイス))
            木部伸子 (DVTM修了)

◎通訳  横山・グリヴェル・佑子

◎講習内容  全身のDVTM(理論・技術)、バンテージ
        ・ 症状別起因・判断・対応
         (外科手術後、部位別に現れる諸症状、循環器系や内臓に起因する場合等)
        ・ リウマチ・がん・リンパ浮腫について     
        ・ バンテージ等

◎受講資格  AJPDLM修了書取得者、Vodder・テラピー2修了者、Foldi・中級修了者
         日本の国家医療有資格者(看護師、理学療法士等 お問い合わせください)

◎受講費    462,000円(消費税・テキスト代込み/分割払い可)
          *但しバンテージ類別途実費

◎定員     16名

◎お申し込・お支払方法・お問い合わせ→日本DLM技術者会
   または、このブログのメールフォームにてご連絡いただければ、ご案内とお申込書をご送付いたします。

◎締切日   ・受講申し込み→3月16日(月)*申し込みはFAXになります。
         (送信後3日以内に申込金50,000円(研修費一部)をお振込みいただきます)

         ・講習費全額入金 →4月3日(金)      
      



pua honeyプライベートブログ《Allhealの森》



スポンサーサイト

リンパドレナージュお勧めテキストのご紹介

今まで日本になかった、リンパドレナージュの基礎知識をまとめたテキストのご紹介です。

リンパ学・リンパ理論の第一人者である、ドイツのフェルディ先生の著書
「リンパドレナージュの基礎知識」が、日本語に翻訳されました。

このテキストは、マッサージ・理学療法を学ぶ学生向けに考案されていますが、美容・健康・癒しの分野で活躍されている方々にもお勧めの一冊です。

リンパ系の解剖学から始まり、DLMの基本や身体の各部位の処置の仕方など、大きなイラストや写真を使ってわかりやすく説明されています。
↓こんなふうにボディにラインも書かれているので、位置などのイメージがしやすいですね。
リンパドレナージュの基礎知識

私ももちろん持っています。
アロマトリートメントの時も、リンパの流れや方向、そして大事な解剖学やリンパ節の運動性などを知っておくと、効果にぐっと違いがでてくるのがわかります。

お客様によっては、筋肉をぐいぐいもみほすぐだけでなく、リンパを意識したトリートメントをすることがいい場合もあります。
技術をどう組み合わせるか、または何を選択するかなど施術者の技量によって効果も変わってくるかと思いますが・・・・。

フェルディ先生といえば、「フェルディ式ドレナージュ」というのを耳にしたことがあると思います。
が、実はフェルディ式のという技術はありません。
フェルディ式と言われていても、技術はボッダーです。

え?そうなの?

そうなんですよ。
びっくりされましたか?

フェルディ先生は、技術ではなく「リンパ学」や「リンパ理論」の分野で活躍されています。
ですからこのテキストの中でも、DLMの基本手技としてボッダーを紹介しています。

実はフェルディ先生は、日本で誤解されていることを知り、正しい情報を伝えて欲しいと望んでいらっしゃいます。
技術は○○式とこだわる必要がないというのが、本場ヨーロッパの考え方です。
というよりも、一つだけではなく複数の手技を学ぶのが当たり前になっています。

一人一人の患者さん(お客様)に適した施術を行うためには、一つの手技にこだわっていたのでは対応できないというのが根底にあるからです。

あらら? テキストの紹介から話がそれてしまいましたね。

リンパドレナージュは技術だけでも理論だけでも、正しい施術はできませんが、まずは勉強してみたいもっと知識がほしい!という方は、ぜひこのテキストに目を通していただきたいと思います♪

購入は日本DLM技術者会からどうぞ☆→http://www.j-lympha.net/images/FOLDI%20text_ad.pdf



pua honeyプライベートブログ《Allhealの森》


正しい姿勢で力が抜ける

アロマのスクールに通っていたとき、よく「肩に力が入ってる!もっとリラックスして!」と注意されました。

緊張感からくるものと、そして無我夢中になりすぎて肩どころか全身に力が入りすぎてしまうのです。

だいぶ慣れてきた頃、緊張感が自信に変わり、施術される方の様子をみながら施術する余裕がでてきても、どうしても肩の緊張がとれませんでした。
腕にも力が入ってしまうときがあります。
必要以上の力が入ると、指先が震えます。

緊張の震えと力の震えのダブルパンチで、先生に呆れ顔をされちょっと傷ついたこともありました。
クラスメイトに「ビブラートが指先にかかってる」と笑われ、恥ずかしい思いもしました。

でも力と震えの原因が、リンパドレナージュを習い始めてからわかりました。

姿勢に問題がありました。
そしてその姿勢にならざるを得ない理由もありました。

子宮筋腫です。

割合大きな筋腫を筆頭に、いくつもの筋腫を子宮の中に居候させています。

木部先生に教えていただいたのですが、
私の施術中の姿勢は、腰がそりすぎているので、そのため背部が後ろに倒れてしまい、
そのバランスをとるため肩から腕にかけて力がはいる。

腰がそりすぎてしまうのは、大きくてたくさんある筋腫が一番の理由だということです。
ちょうど妊婦さんのようにお腹が突き出てしまうので、結果腰もそってしまうのです。

施術は手先だけでしているように見えて、腕全体、そして身体全体でするものなので、
身体に力が入っていれば、結果手や指先にもその緊張感が伝わってしまうのです。

指先の力がどうしても抜けない理由も、原因を逆にだどっていくとよくわかりました。

案の定、意識的に腰をそらしすぎないように、お腹が前に突き出ないことを意識してみると、
身体の力が抜けやすいことを実感しました。

それからはずいぶん施術が変わったと自分では思っています。

姿勢はピン!とまっすぐなのがいいのではありません。
横から見たときに、ゆるやかなS字カーブを描いているくらいがいいのですが、
どうしても姿勢を正すことを意識すると、お尻が突き出てI字になってしまう人が多いようです。

武道やスポーツでも型や構えの基本は「力を抜くこと」といいます。
次の動作や起きうることに瞬時に対応するためです。(それだけではありませんが。。。)

リンパドレナージュ(や他のマッサージ法)ではどうでしょうか?
力が入っていては、指先から皮膚やその下にある組織や流れを感じることができません。
もちろん次の動作に移るときに滑らかな動きもできないし、
施術される側が感じるタッチが重かったり鋭かったりして、気持ちよくありません。

そして、皮膚に触れる部分は手首よりも先の場合であっても、
施術は既述したように、身体全部を使うことが基本です。

スポーツ選手を見ていると、身体の軸が中心できれいだな、と感じます。

そして、試合の前にはそれぞれが独自の方法で、
「力を抜いたり緩めたり」している姿を目にします。

正しい姿勢と力を抜くこと

スポーツも施術も共通点があるんだな~と思うとともに、
筋腫があっても、正しい姿勢を保つための工夫をもっとしなくては、と思いました。



pua honeyプライベートブログ《Allhealの森》
mixi 赤ちゃんを心待ちにしている方のためのコミュ♪「自然・こころ・からだの声を聞く」






ネクストチャレンジは実りの秋に?

本日リンパドレナージュ基礎の試験を受けてきました。

もったいぶらずに言っちゃいます。

「だめでした~~><」(わざわざ大きくしなくてもいいわな)

一応、カウントは合格ラインを達していたのですが、2箇所だけ皮膚の赤みが出てしまったので、
不合格となりました。

厳しい・・・・・。

やっぱり皆さんの言っていた(2回、3回落ちるの当たり前!)というのは、
本当だったんだ~~。

チェック項目もたくさんあり、最初から最後まで、先生が1秒たりとも(!?)
見逃さずにチェックをしていってくださいます。

はい。緊張します。
手も震えちゃったし。
指先も固くなっちゃったし。

たとえ合格ラインに達していても、発赤がでてしまった場合は不合格になってしまうのです。
力をいれてこするわけではないのですが、正しい手技で行わないとこうなってしまいます
アロマトリートメントの手技だったら問題ないのですが・・・・
つい癖がでてしまいました。

でも先生がおっしゃるには、
「なぜか一度で合格した人は、後にだめになってしまう人が多い」との事です。
運よく受かったからなのか。
受かった時点で完璧と思い込み、練習を怠ってしまうからなのか。

今日一緒に試験を受けた方は、『合格♪』でした。
おめでとう~~。
3年越しの数回目かのトライだったそうです。

彼女いわく、
「途中であきらめそうになったけど、がんばって試験を受け続けてよかった。
何度も何度も練習し、トライしてきたから、じっくり身につけてこられたと思う」

そうです。
彼女の合格は本物ですね^^

私も発赤がなかったら合格ラインに達してたから・・・と気を緩めることなく、
今日注意&アドバイスされたことをしっかりと頭に入れて、
練習を積んでいこうと思います。

やっぱり基礎は大事です!
基礎ができてなかったらその上には積み重ねていかれませんから。
木部先生のところでは、合格して認定されても2年ごとの更新(試験)があります。
それだけ基礎は常に勉強し続けていく必要があるということです。

厳しいけど、人の身体に触れる仕事ですから本当は当たり前なんですよね。

次回のトライは、いつになるかな。
実りの秋・・・になればいいけど。


pua honeyプライベートブログ《Allhealの森》
mixi 赤ちゃんを心待ちにしている方のためのコミュ♪「自然・こころ・からだの声を聞く」

寝ても覚めても

ここ数ヶ月、寝ても覚めても「リンパドレナージュ」で頭がいっぱいです。
満杯ではないですが(苦笑)かなり占めてます。

試験も近いし・・・・。

気がつくとお風呂の中でも布団の中でも、
はたまた電車の中でも手技の練習をしていたりして、
ちょっと挙動不審人物になってます。

でも自分でまだまだ納得できる段階にきていません。
どうしても頭に描くイメージや指令と手の動きが、
ぴたっとはまってくれないんです。

だからといってこれ以上試験の日を先延ばしにしたら、
どんどん自己流になり、モチベーションも下がりそうなので、
思い切って今月中に受けることにしました。
(自分で試験日を決められるんです)

練習会では2回落ちた。3回落ちたという生徒さん達がいて、
「うぉ~~。そんなに難しいんかい!」とおののいてしまいます。

私も、落ちても落ちても、受かるまでがんばります。

それだけ練習量も増えて身についていくと思えばそれも悪くないか。。。。よね?
と、今からそんな弱気でどうする!という感じですが。

でも、人様の体に施術をして、人様にお金をいただく、
ということの厳しさとプロとしての心構えを
改めて先生のところで習いました。

さらっと習って、「はい♪明日からお客様いらっしゃ~い」というわけにはいかないですよ。

だからがんばります。

この世界に足を踏み入れることになり、
2年前までは想像していなかった自分が存在していて少々びっくりしてますが、
この春からの5ヵ年計画の元、更なる深みに入り込んでいこうと思っています。

まぁまずは試験クリアしなくちゃね。

挙動不審もなんのそので、やっぱりがむばります♪



pua honeyプライベートブログ《Allhealの森》
mixi 赤ちゃんを心待ちにしている方のためのコミュ♪「自然・こころ・からだの声を聞く」





Navigations, etc.

Navigations

ケアルーム 

リハビリエクササイズ「BODY BASE(ボディーバーズ)」 乳がん手術後の傷の回復を早め、心身の治癒を高める“リハビリエクササイズ”のDVDです
リンパ浮腫の予防のためにもぜひどうぞ!

購入ご希望の方はpuahoneyまでご連絡ください

アロマとびわの葉のpuahoney_style ケアルーム(申し訳ありません只今休業中です)

平日週2~3日のみの自宅の1室を利用した小さなケアルームです
ゆったりほっこりしていただける空間を提供いたします
ティータイムを過ごす感覚でいらしてください♪(女性限定です☆)

アロマの香りと力で・・・・ゆったり 
びわの葉温熱療法の体験で・・・・ほっこり
ヒバの桶で足湯なんかも・・・・まったり
足浴の画像→★★


「ケアルームについて」
メニュー表

ご予約・お問い合わせ
オープン日及び予約状況

アロマセラピーについて
びわの葉温熱療法について

プロフィール

pua honey

Author:pua honey
英国IFA認定アロマセラピスト
ARTQ認定妊産婦ケアマスター
びわの葉温熱療法指導員

乳がん&甲状腺がんのダブルキャンサーサバイバーで、超デカ筋腫持ちです。

このブログでは心と身体と暮らしについてのケア方法や体験を綴っていきます

好き♪♪
猫・馬・海・イルカ・温泉・旅行
ぼーっとする

プライベートブログAllhealの森

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最近の記事

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター

管理者ページ


FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。